保存鉄道・観光鉄道リスト List of Heritage and Tourist Railways
保存鉄道、観光鉄道、山越えする普通鉄道、ユニークな鉄橋のリスト

名称:現地サイトがある場合はリンクしている
特徴steam:蒸機運行あり electrified:電化線
   rack:ラック鉄道(一部または全線) funicular:ケーブルカー
   spiral:スパイラル線あり zigzag:ジグザグ線あり(除 ラック鉄道)
  数字は軌間、単位mm
地図Google の地図は起点駅または拠点駅(太字)付近を示す。route はルート図
写真Wikimedia の該当カテゴリ、flickr の検索結果にそれぞれリンクしている

イギリス
イングランド北部 England North

index map
6- 11- 16- 21- 26- 31- [1]-

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
1 ヘザースロー軽便鉄道
Heatherslaw Light Railway
steam
381
Heatherslaw - Etal ニューカッスル北北西80km Google Wmedia
flickr
2 アルン・ヴァレー鉄道
Aln Valley Railway
steam
1435
Lionheart - Edenhill Bridge ニューカッスル北50km Google Wmedia
flickr
3 ノース・タインサイド蒸気鉄道
(スティーヴンソン蒸気鉄道)
North Tyneside Steam Railway
(Stephenson Steam Railway)
steam
1435
Middle Engine Lane - Percy Main ニューカッスル北東10km Google Wmedia
flickr
4 ボウズ鉄道
Bowes Railway
steam
1435
Gateshead ニューカッスル南東郊 Google Wmedia
flickr
5 タンフィールド鉄道
Tanfield Railway
steam
1435
East Tanfield - Sunniside ニューカッスル南西8km Google Wmedia
flickr

1: ヘザースロー軽便鉄道は、イングランド最北端、ノーサンバーランドのフォード Ford 近郊にある15インチ(381mm)軌間の保存鉄道。レーヴングラス・アンド・エスクデール鉄道(→24)から寄託された蒸機を用いて1989年に開業した。支流ティル川 Till の蛇行する岸辺に沿い、シーズン中、毎日6往復(繁忙期は2列車で11往復)が走る。両端に手造りの転車台があり、機関車は常に正面を向く。

2: アルン・ヴァレー鉄道は、ノーサンバーランドのアニック Alnwick にある標準軌の蒸気保存鉄道で、1968年に廃止された旧 アニック支線 Alnwick Branch Line の復活をめざして2013年に開業。市街東郊の拠点ライオンハート Lionheart 駅から暫定終点のエデンヒル・ブリッジ Edenhill Bridge まで約2kmのルートで、夏のシーズンに運行している。支線が分岐していた東海岸本線アルンマウス Alnmouth への到達が最終目標。

3: ノース・タインサイド蒸気鉄道は、ニューカッスル東郊、ノース・タインサイド North Tyneside にある標準軌の蒸気保存鉄道。炭鉱地帯と河港を結んでいたワゴンウェー Waggonway を起源とする線路跡約3.2kmで、保存蒸気列車が往復する。「スティーヴンソン蒸気鉄道」とも呼ばれ、併設の博物館には、鉄道の父ジョージ・スティーヴンソン George Stephenson が設計した初期の蒸機「キリングワース・ビリー Killingworth Billy」を所蔵。

4: ボウズ鉄道は、1826年にジョージ・スティーヴンソンがニューカッスル南東郊に建設した運炭鉄道で、その一部が1974年に保存鉄道化された。2.4kmのルートには、丘陵の斜面を上下する2か所のインクライン(斜行鉄道)が含まれ、ケーブルを使った列車牽引装置も復元された。施設は現在も公開されているが、老朽化と破壊行為の影響で運行はできなくなっている。

5: タンフィールド鉄道は、ニューカッスル Newcastle upon Tyne 南郊にある標準軌の蒸気保存鉄道。木製レール上で馬が荷車を牽いていた18世紀のワゴンウェーの一部を利用し、「世界最古の鉄道」と称する。路線はイースト・タンフィールド East Tanfield ~サニサイド Sunniside 間4.8kmだが、通常、列車は車庫のあるアンドルーズ・ハウス Andrews House で休憩ののち折り返す。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
6 ビーミッシュ博物館
Beamish Museum
electrified
1435
Beamish ニューカッスル南南西10km Google Wmedia
flickr
7 ウェアデール鉄道
Weardale Railway
1435 Bishop Auckland - Stanhope ニューカッスル南西30km Google Wmedia
flickr
8 ウェンズリーデール鉄道
Wensleydale Railway
steam
1435
Northallerton West - Leeming Bar - Redmire ミドルズブラ南西35km Google Wmedia
flickr
9 ソルトバーン・クリフ・リフト
Saltburn Cliff Lift
funicular
1283
Saltburn-by-the-Sea ミドルズブラ東20km Google Wmedia
flickr
10 ノース・ヨークシャー・ムーアズ鉄道
North Yorkshire Moors Railway
steam
1435
Pickering - Grosmont - Whitby ミドルズブラ南東40km Google Wmedia
flickr

6: ビーミッシュ博物館は、19~20世紀前半の北東イングランドにおける都市と農村の日常生活を保存公開する、ニューカッスル南郊の野外博物館。1910年代の市街を再現した動態展示であり、訪問客の移動手段も兼ねる標準軌路面軌道の周回線2.4kmを、各地から集めた貴重な古典トラムが随時走る。ほかにも蒸気鉄道など、鉄道史を表現した動態展示が多数あり、特に再現されたワゴンウェーは必見。

7: ウェアデール鉄道は、カウンティ・ダラム County Durham の旧 鉱山地帯で、閉山後の地域振興策の一環として2010年に開業した保存鉄道。上流のスタンホープ Stanhope から、NR(旧国鉄)線の終点があるビショップ・オークランド Bishop Auckland までディーゼル列車が往復する(蒸機は修理中)。旧線を利用したルートは29kmの長さがある。

8: ウェンズリーデール鉄道は、ノース・ヨークシャーのリーミング・バー Leeming Bar を拠点とする保存鉄道。2003年の開業で、蒸機またはディーゼル機関車が牽引する。ルートは、東海岸本線の駅に近いノーサラートン・ウェスト Northallerton West から西へ進み、レッドマイア Redmire に至る35kmだが、運行区間は開催日によって変わる。

9: ソルトバーン・クリフ・リフトは、ノース・ヨークシャーのソルトバーン・バイ・ザ・シー Saltburn-by-the-Sea で、高台の市街と桟橋のある海岸を結んでいるウォーターバラスト(水の重り)方式のケーブルカー。1884年の開業で、この方式で稼働中のものとしてはイギリス最古。車両はアルミ製に交換されたが、構造は建設当時とほとんど変わっていない。線路長63m、高度差37m、勾配710‰。

10: ノース・ヨークシャー・ムーアズ鉄道は、ノース・ヨーク・ムーアズ国立公園 North York Moors National Park の中を行く標準軌の蒸気保存鉄道で、イングランドでも特に人気の高い観光鉄道。列車はピカリング Pickering を拠点に谷をたどりグロスモント Grosmont へ、さらにNR線に乗り入れて北海沿岸ウィットビー Whitby まで29kmの距離を進む。中間のゴースランド Goathland 駅は映画ハリー・ポッターのロケ地。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
11 ノース・ベイ鉄道
North Bay Railway
steam
508
Peasholm Park - Scalby Mills ヨーク北東60km、スカーバラ市内 Google
route
Wmedia
flickr
12 スカーバラ・セントラル軌道
Central Tramway, Scarborough
funicular
1435
Scarborough ヨーク北東60km、スカーバラ市内 Google Wmedia
flickr
13 サウス・クリフ・リフト
South Cliff Lift, Scarborough
funicular
1435
Scarborough ヨーク北東60km、スカーバラ市内 Google Wmedia
flickr
14 セトル=カーライル線
Settle–Carlisle line
1435 Settle Junction - Carlisle リーズ北西60km Google
Route
Wmedia
flickr
15 エンブゼー・アンド・ボルトン・アビー蒸気鉄道
Embsay and Bolton Abbey Steam Railway
steam
1435
Embsay - Bolton Abbey リーズ北西35km Google Wmedia
flickr

11: ノース・ベイ鉄道は、スカーバラ Scarborough のノース・ベイ North Bay 地区で1931年から運行されている20インチ(508mm)軌間のミニ観光鉄道。ピーゾーム・パーク Peasholm Park と海沿いのスカルビー・ミルズ Scalby Mills の間1.4kmを20~40分間隔で往復する。蒸機の外装のディーゼル機関車が使われるなか、2016年から本物の蒸機も1両加わった。

12: スカーバラ・セントラル軌道は、スカーバラ Scarborough のサウス・ベイ South Bay 地区で、高台にある市街地と崖下のビーチの間を上り下りする2本のケーブルカーのうちの一つ。1881年の開通で、創業した会社が今も運営する。線路長は76m。クリームとバーガンディのツートン車両とともに、古風な駅の仕様も見どころ。

13: サウス・クリフ・リフトは、スカーバラ Scarborough のサウス・ベイ South Bay 地区にあるもう1本のケーブルカー。1875年の開業で、イギリス最古の歴史を誇る。1993年から市が運営。線路長は87mで、1947年に電化されるまで、ウォーターバラスト方式で運行されていた。

14: セトル=カーライル線は、セトル・ジャンクション Settle Junction とカーライル Carlisle の間116kmを結ぶNRの準幹線で、ヨークシャー・デールズ国立公園 Yorkshire Dales National Park の荒涼とした山岳風景を貫く観光路線としてつとに有名。旅客列車はリーズ Leeds から直通し、カーライルまで2時間40分。山中のデント Dent 駅は標高350mで、イングランドの幹線鉄道では最高所にある。

15: エンブゼー・アンド・ボルトン・アビー蒸気鉄道は、ノース・ヨークシャーで廃線となったスキプトン=イルクリー線 Skipton–Ilkley line の一部区間を、1981年に再興した蒸気保存鉄道。現在の運行区間はエンブゼー Embsay ~ボルトン・アビー Bolton Abbey 間6kmで、中間のホリーウェル・ホールト Holywell Halt をサミットとする緩い坂道のルート。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
16 キースリー・アンド・ワース・ヴァレー鉄道
Keighley and Worth Valley Railway
steam
1435
Keighley - Oxenhope リーズ西25km Google Wmedia
flickr
17 シプリー・グレン軌道
Shipley Glen Tramway
funicular
508
Shipley リーズ西北西15km Google Wmedia
flickr
18 ミドルトン鉄道
Middleton Railway
steam
1435
Moor Road - Park Halt リーズ市内南部 Google Wmedia
flickr
19 ホイッスルストップ・ヴァレー
(カークリーズ軽便鉄道)
Whistlestop Valley
(Kirklees Light Railway)
steam
381
Clayton West - Shelley Woodhouse リーズ南20km Google Wmedia
flickr
20 クリーソープス・コースト軽便鉄道
Cleethorpes Coast Light Railway
steam
381
Cleethorpes Kingsway - Humberston キングストン・アポン・ハル南東30km Google Wmedia
flickr

16: キースリー・アンド・ワース・ヴァレー鉄道は、ウェスト・ヨークシャーにあるイングランドでも人気の標準軌蒸気保存鉄道の一つ。1968年の開業で、NR線に接続するキースリー Keighley から運行拠点のハワース Haworth を経てオクセンホープ Oxenhope まで8kmのルートを行く。「嵐が丘」などの名作文学の舞台、いわゆるブロンテ・カントリー Brontë Country に通じる路線として観光客にもよく利用され、運行本数が多い。

17: シプリー・グレン軌道は、ブラッドフォード北郊にあるシプリー・グレンShipley Glenの谷壁を上る長さ400m、最大勾配142.9‰のケーブルカー。線路は20インチ(508mm)軌間で全線複線。1895年開業の歴史ある路線で、オープンタイプの車両が森の中の斜路を上下する。

18: ミドルトン鉄道は、リーズ市内南部にある蒸気保存鉄道。延長1.6km、往復しても25分のミニ路線だが、ルーツは1758年に認可されたワゴンウェー Waggonway に遡る世界最古の鉄道。1960年6月に保存団体に引き継がれ、標準軌では世界最初の保存鉄道になった。現在、列車は拠点のムーア・ロード Moor Road とミドルトン公園 Middleton Park 入口のパーク・ホールト Park Halt 間で運行されている。

19: ホイッスルストップ・ヴァレーは、リーズ南郊クレイトン・ウェスト Clayton West にあるミニチュア蒸気鉄道の運行を主体とする観光施設。15インチ(381mm)のミニマム軌間ながら、標準軌線の廃線跡に敷かれているため、長さ467mのトンネルもある本格的な路線で、延長は4.9km。カークリーズ軽便鉄道 Kirklees Light Railway と称していたが、2021年に現名称に改称。

20: クリーソープス・コースト軽便鉄道は、ハンバー川 River Humber の河口に臨んだクリーソープス Cleethorpes の海岸を走る15インチ(381mm)軌間の蒸気観光鉄道。開業は1948年で、一時は市営になるなど所有者は何度か代わり、改軌や路線延長も行われてきた。現在は海浜公園に沿って2.0kmのルートをもつが、通常運行は北端のキングズウェー Kingsway から車庫のあるレークサイド Lakeside までの約1.1km。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
21 サウス・タインデール鉄道
South Tynedale Railway
steam
610
Alston - Slaggyford カーライル東25km Google Wmedia
flickr
22 イーデン・ヴァレー鉄道
Eden Valley Railway
1435 Warcop - Southfields カーライル南東50km Google Wmedia
flickr
23 カンブリアン・コースト線
Cumbrian Coast line
1435 Carlisle - Barrow-in-Furness カーライルから西海岸 Google Wmedia
flickr
24 レーヴングラス・アンド・エスクデール鉄道
Ravenglass and Eskdale Railway
steam
381
Ravenglass - Dalegarth ランカスター北西50km Google Wmedia
flickr
25 レークサイド・アンド・ハヴァースウェイト鉄道
Lakeside and Haverthwaite Railway
steam
1435
Haverthwaite - Lakeside ランカスター北北西25km Google Wmedia
flickr

21: サウス・タインデール鉄道は、北ペナイン山脈の山間部を走る2フィート(610mm)軌間の蒸気保存鉄道。ルートは、イングランドで最も標高の高い市場町オールストン Alston から北上し、スラッギーフォード Slaggyford までの8.0km。1976年に廃止された旧国鉄オールストン支線のうち、終点側の一部区間を再利用している。所要片道35分。

22: イーデン・ヴァレー鉄道は、北ペナイン山脈の西麓にある旧LNERの標準軌支線の一部を復活させたディーゼル牽引の保存鉄道で、夏のシーズンの主として週末に運行。列車は拠点のウォーコップ Warcop から北西へサウスフィールズ Southfields まで3.5kmまで走って折り返す。往復の所要時間25分。

23: カンブリアン・コースト線は、カーライル Carlisle からバロー・イン・ファーネス Barrow-in-Furness までカンブリアの海岸線を南下するNRの非電化地方路線。延長137.6km、所要約2時間30分。メリーポート Maryport とレーヴングラス Ravenglass の間でアイリッシュ海の海景が広がる。なかでもハリントン Harrington ~ホワイトヘイブン Whitehaven 間は、岩礁洗う波打ち際をたどる景勝区間。

24: レーヴングラス・アンド・エスクデール鉄道は、15インチ(381mm)のミニマム軌間でロムニー・ハイス(→南部3)と並ぶ代表的な蒸気保存鉄道。カンブリアン・コースト線(→23)のレーヴングラス Ravenglass 駅からエスク川の谷にあるデールガース Dalegarth まで11.3kmを片道40分かけて走る。シーズン中は毎日運行され、繁忙期は1日10往復と頻発。地元での愛称はラアル・ラッティ La'al Ratty(小鉄道の意)。

25: レークサイド・アンド・ハヴァースウェイト鉄道は、湖水地方でハヴァースウェイト Haverthwaite とウィンダミア湖 Windermere 南端にあるレークサイド Lakeside の間を走っている標準軌の蒸気保存鉄道。延長5.1km、片道18分の小路線ながら、レークサイドでボーネス Bowness 方面の湖上観光船に連絡し、湖から流れ出るレヴン川 Leven の川景色も楽しめる。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
26 ブラックプール・トラム
Blackpool Trams

(ヘリテージ・トラム・ツアー
Heritage Tram Tour)
electrified
1435
Fleetwood Ferry - Starr Gate リヴァプール北50km Google
route
Wmedia
flickr
27 リブル蒸気鉄道
Ribble Steam Railway
steam
1435
Preston Riverside - Strand Road マンチェスター北西45km Google Wmedia
flickr
28 レークサイド・ミニチュア鉄道
Lakeside Miniature Railway
381 Southport リヴァプール北25km Google Wmedia
flickr
29 ウェスト・ランカシャー軽便鉄道
West Lancashire Light Railway
steam
610
Becconsall - Delph マンチェスター北西45km Google Wmedia
flickr
30 ヒートン・パーク軌道
Heaton Park Tramway
electrified
1435
Heaton Park マンチェスター北郊 Google Wmedia
flickr

26: ブラックプール・トラムは、ブラックプール Blackpool 市内のスター・ゲート Starr Gate と北岸のフリートウッド・フェリー Fleetwood Ferry 間18kmを走る市営の路面軌道線。1885年開通で、路面軌道ではヴォルクの電気鉄道(→南部12)に次いでイギリスで2番目に古い。海浜リゾートの街路を行くダブルデッカーで有名だったが、2012年以来、通常運行はボンバルディア製低床車が担い、古典車はツアー形式の運行になった。

27: リブル蒸気鉄道は、プレストン Preston 西方、リブル川 Ribble 沿いのドック周辺にある標準軌の旧 貨物線を使って、2005年に運行を始めた蒸気保存鉄道。列車はプレストン・リヴァーサイド Preston Riverside の拠点駅からストランド・ロード Strand Road の折り返し地点まで2.4kmを往復する。途中、ドック水路に架かる併用軌道の跳ね橋を渡る。

28: レークサイド・ミニチュア鉄道は、アイリッシュ海の海浜リゾート、サウスポート Southport にある15インチ(381mm)軌間のミニチュア鉄道。人工湖マリン湖 Marine Lake に沿う延長690mの線路を走る。1911年5月の開通で、この軌間ではリル・ミニチュア鉄道(→ウェールズ1)と並ぶ最古参。もとは独立した観光鉄道だったが、現在は遊園地プレジャーランド・サウスポート Pleasureland Southport の一部。

29: ウェスト・ランカシャー軽便鉄道は、プレストン Preston 南西郊のヘスケス・バンク Hesketh Bank にある2フィート(610mm)軌間の蒸気保存鉄道。1967年の開業で、今は池になっている粘土採掘場跡に沿う延長約400mの線路を走る。小規模路線ながら、蒸機は7両保有しており、うち3両が稼働可能な状態にある。

30: ヒートン・パーク軌道は、マンチェスター市街北部にある市立公園、ヒートン・パーク Heaton Park で、マンチェスター交通博物館協会 Manchester Transport Museum Society が運営する標準軌の保存電気軌道。園内に約1kmの走行線があり、シーズン中の週末に、ブラックプールやマンチェスターで引退したさまざまな古典車両が走る。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
31 イースト・ランカシャー鉄道
East Lancashire Railway
steam
1435
Heywood - Bury Bolton Street - Rawtenstall マンチェスター北15km Google Wmedia
flickr
32 ウィラル軌道
Wirral Tramway
electrified
1435
Wirral Transport Museum - Woodside Ferry Terminal リヴァプール西、バーケンヘッド市内 Google Wmedia
flickr

31: イースト・ランカシャー鉄道は、マンチェスター北郊のベリー Bury を拠点とする標準軌の蒸気保存鉄道。列車は、ベリー・ボルトン・ストリート Bury Bolton Street駅から東はヘイウッド Heywood、北はローテンストール Rawtenstall まで全長20.2kmのルートを走る。所要片道60分前後。大都市近傍という地の利もあって人気が高く、中間駅ラムズボトム Ramsbottom の駅舎や古典仕様の踏切も見どころ。

32: ウィラル軌道は、リヴァプール対岸のバーケンヘッド Birkenhead にある標準軌の電化路面軌道線。1995年の開設で、ウィラル交通博物館 Wirral Transport Museum に収集されているダブルデッカーなどの古典車両を公開運行している。ルートは交通博物館からウッドサイド・フェリーターミナル Woodside Ferry Terminal の前までだが、軌道不良のため区間短縮中。運行日は週末の午後。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
[1] ロイヤル・ボーダー橋
Royal Border Bridge
ニューカッスル北50km Google Wmedia
flickr
[2] タイン川高位橋(ハイレベルブリッジ)
High Level Bridge, River Tyne
ニューカッスル市南縁 Google Wmedia

[1]: ロイヤル・ボーダー橋は、ベリック・アポン・トゥイード Berwick-upon-Tweed の手前でトゥイード Tweed 川に架かる東海岸本線 East Coast Main Line の石造高架橋。長さ659m、高さ37mで、径間18mのアーチを28個連ねる。設計は鉄道の父ジョージ・スティーヴンソン George Stephenson の息子ロバート Robert。ボーダーとはスコットランドとの境界のことだが、実際に線路が境界を越えるのは5km北。

[2]: タイン川高位橋は、ニューカッスル中央駅 Newcastle Central Station の南方でタイン川 Tyne をまたぐ長さ408m、38m径間6連のタイドアーチ橋。ロバート・スティーヴンソンの設計で、1849年に完成した。上層に鉄道、下層に車道と歩道を通す2層構造が特徴。上流側のキング・エドワード7世橋 King Edward VII Bridge が完成するまでは、東海岸本線のメインルートだった。
このページの先頭へ

鉄道地図
・時刻表
「地図と鉄道のブログ」の以下の記事で紹介している。

イギリスの鉄道地図 I-トーマス・クック社
イギリスの鉄道地図 II-鉄道史を知る区分地図
イギリスの鉄道地図 III-ボール鉄道地図帳
イギリスの鉄道地図 IV-ベーカー鉄道地図帳
イギリスの鉄道地図 V-ウェブ版
イギリスの鉄道地図 VI-コッブ大佐の鉄道地図帳
イギリスの鉄道地図 VII-トラック・マップス社
参考サイト
National Rail
http://www.nationalrail.co.uk/
英国鉄道の公式サイト。運行会社へのリンク集(Train Companies)がある。Useful Information には運行会社ごとの時刻表(Timetables you can print)、路線名一覧(Named railway lines)、鉄道地図(Rail Maps)などがあり、役に立つ。

UK Heritage Railways
http://www.heritagerailways.com/
イギリスおよびアイルランドの保存・観光鉄道、鉄道博物館、鉄道保存団体等を網羅する組織「遺産鉄道協会 Heritage Railway Association」の公式サイト。参加組織の包括的なリンク集がある。

Britain's Great Little Railways
https://www.bglr.org/
イギリスの主としてミニチュア鉄道の包括的組織「イギリスの偉大な小鉄道」の公式サイト。参加各鉄道の概要記事がある。

2022年4月現在
© 2022 T. Yamashita