保存鉄道・観光鉄道リスト List of Heritage and Tourist Railways
保存鉄道、観光鉄道、山越えする普通鉄道、ユニークな鉄橋のリスト

名称:現地サイトがある場合はリンクしている
特徴steam:蒸機運行あり electrified:電化線
   rack:ラック鉄道(一部または全線) funicular:ケーブルカー
   spiral:スパイラル線あり zigzag:ジグザグ線あり(除 ラック鉄道)
  数字は軌間、単位mm
地図Google の地図は起点駅または拠点駅(太字)付近を示す。route はルート図
写真Wikimedia の該当カテゴリにリンクしている

ニュージーランド New Zealand

index map
名称 特徴 起終点 概略位置 地図 写真
1 ドライヴィング・クリーク鉄道
Driving Creek Railway
zigzag
381
オークランド東60km Google Wmedia
2 グレンブルック保存鉄道
Glenbrook Vintage Railway
steam
1067
Glenbrook - Fernleigh オークランド南40km Google Wmedia
3 ラウリム・スパイラル
Raurimu Spiral
spiral
1067
北島中央部 Google Wmedia
4 リムタカ・インクライン
Rimutaka Incline
【廃止 abandoned】
rack
1067
Summit - Cross Creek ウェリントン北東40km Google Wmedia
5 リムタカ・インクライン鉄道遺産財団
Rimutaka Incline Railway Heritage Trust
1067 Maymorn ウェリントン北東40km Google Wmedia

1: ドライヴィング・クリーク鉄道は愛好家の手によって造られた観光用軌道。トロッコ列車でスイッチバックあり、180度転回線ありの変化に富んだルートを上り詰め、展望台に到達する。

2: グレンブルック保存鉄道は、1967年に休止となったワイウク Waiuku 支線の一部、延長6kmを蒸機で運行している。

オークランド Auckland から北島を南北に貫く中央幹線は、標高約800mの最高地点に上るために、NZ唯一のループ線、通称 3: ラウリム・スパイラルを構える。その先にも、廃棄された旧橋を見ながら渡るハプアホェヌーア鉄橋 Hapuawhenua Viaduct などの見どころがある。

4: リムタカ・インクラインは、ワイララパ線 Wairarapa Line、リムタカ越えの東側区間の通称。連続66‰の勾配を、珍しいフェル式レールで克服していた。1955年のリムタカトンネル(延長 8798m)開通で、アプローチ区間とともに廃止され、その後、大半がハイキングトレールに転換された。
リムタカ・インクライン I-フェル式鉄道の記憶
リムタカ・インクライン II-ルートを追って

5: リムタカ・インクライン鉄道遺産財団は、メットリンク Metlink(ウェリントン都市圏公共交通)のメイモーン Maymorn 駅で1067mm軌間の車両の保存と公開活動を行っており、構内に走行線をもつ。なお、メイモーンはリムタカトンネル経由の新線上に設置された駅で、旧線跡からは少し離れている。
このページの先頭へ最初のページへ

名称 特徴 起終点 概略位置 地図 写真
6 ウェカ・パス鉄道
Weka Pass Railway
steam
1067
Glenmark - Waikari クライストチャーチ北50km Google Wmedia
7 ミッドランド線(トランツアルパイン号)
Midland Line (TranzAlpine)
1067 Springfield - Otira クライストチャーチ西北西60km Google Wmedia
8 ダニーディン鉄道(タイエリ峡谷鉄道)
Dunedin Railways (Taieri Gorge Railway)
1067 Dunedin - Middlemarch ダニーディン近郊 Google Wmedia
9 オタゴ・セントラル支線鉄道
Otago Central Branch Railway

【廃線 Abandoned】
1067 (Wingatui) - Middlemarch - Cromwell ダニーディン北西50km Google Wmedia
10 キングストン・フライヤー
Kingston Flyer
steam
1067
Kingston - Fairlight クイーンズタウン南30km Google Wmedia

6: ウェカ・パス鉄道は、幹線の構想もあったワイアウ Waiau 支線の南端部を蒸機運行で復活したもので、片坂を上りきると終点。

7: ミッドランド線は、南島を横断する唯一の路線で、観光列車トランツアルパイン号 TranzAlpine が走る。中でもスプリングフィールド Springfield ~オーティラ Otira 間の、脊梁サザンアルプスとワイマカリリ Waimakariri 川が造り出した壮大な自然景観が見どころ。最奥のアーサーズ・パス Arthur's Pass 駅の標高は約740m。列車は峠の直下を、長さ8566mのオティラ Otira トンネルで抜けて西岸へと続く。
ミッドランド線 I-トランツアルパインの走る道
ミッドランド線 II-アーサーズ・パス訪問記

8: ダニーディン鉄道は、もとタイエリ峡谷鉄道 Taieri Gorge Railway といい、ダニーディン Dunedin からミドルマーチ Middlemarch まで、平原を切り裂いた比高100mの渓谷を抜けていく観光鉄道。路線は、旧 オタゴ・セントラル支線鉄道(→9)の根元区間。
タイエリ峡谷鉄道-山峡を行く観光列車

9: オタゴ・セントラル支線鉄道は、ダニーディン近郊のウィンガトゥイ Wingatui から内陸のクロムウェル Cromwell まで延びていた鉄道支線。ミドルマーチ Middlemarch まではダニーディン鉄道(→8)が使用しているが、その先、1990年に廃止されたクライド Clyde までの廃線跡151kmは「オタゴ・セントラル・レールトレール Otago Central Rail Trail」に転用され、通行することができる。

10: キングストン・フライヤーは、ワカティプ湖 Lake Wakatipu 南端のキングストン Kingston を拠点とする蒸気保存鉄道。1979年に廃止された、南海岸のインヴァカーギル Invercargill からの路線の末端区間14kmで、観光列車を運行する。(近年は運営が不安定になり、2013年以来、運行は休止状態だったが、2021年に再開されたと伝えられる。)
このページの先頭へ最初のページへ

鉄道地図 「地図と鉄道のブログ」の以下の記事で紹介している。

ニュージーランドの鉄道地図

2005年6月現在
(C)2005 T. Yamashita. All rights reserved.