保存鉄道・観光鉄道リスト List of Heritage and Tourist Railways
保存鉄道、観光鉄道、山越えする普通鉄道、ユニークな鉄橋のリスト

名称:現地サイトがある場合はリンクしている
特徴steam:蒸機運行あり electrified:電化線
   rack:ラック鉄道(一部または全線) funicular:ケーブルカー
   spiral:スパイラル線あり zigzag:ジグザグ線あり(除 ラック鉄道)
   数字は軌間、単位mm
地図Google の地図は起点駅または拠点駅(太字)付近を示す。route はルート図
写真Wikimedia の該当カテゴリ、flickr の検索結果にそれぞれリンクしている

オランダ Netherlands
index map
6- 11- 16- [1]-

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
1 スタッツカナール鉄道財団
Stichting Stadskanaal Rail (STAR)
steam
1435
Veendam - Stadskanaal - Musselkanaal フローニンゲン南東35km Google Wmedia
flickr
2 産業狭軌鉄道博物館
Industrieel Smalspoor Museum
900 Erica ズウォレ東北東60km Google Wmedia
flickr
3 地方鉄道博物館
Museum Buurtspoorweg (MBS)
steam
1435
Haaksbergen - Boekelo エンスヘデ西南西10km Google Wmedia
flickr
4 レイセン壌土鉄道財団
Stichting Rijssens Leemspoor
steam
600
Rijssen エンスヘデ西北西25km Google flickr
5 フェリュウェ蒸気鉄道協会
Veluwsche Stoomtrein Maatschappij (VSM)
steam
1435
Apeldoorn – Beekbergen – Dieren アルンヘム北20km Google Wmedia
flickr

1: スタッツカナール鉄道財団は、北東部の町スタッツカナール Stadskanaal を拠点とする標準軌、全長26kmの蒸気保存鉄道。テンダー蒸機かディーゼルで、一般列車の接続がある北方のフェーンダム Veendam まで平原をひた走る。片道40分。南はミュッセルカナール Musselkanaal まで線路が延びるが、ニーウ・ボイネン Nieuw Buinen 以南は線路の劣化で2018年以来、運行不能に。

2: 産業狭軌鉄道博物館は、東部ドレンテ州にかつて広がっていた泥炭(ピート)採掘地で、泥炭加工の工程を保存公開している野外博物館。訪問者は、900mm軌間、約2kmの周回簡易軌道で、自然保護区に散らばる見学ポイントを巡る列車ツアーに参加する。途中、4線収容の車庫ではさまざまな産業軌道用車両のコレクションが見られる。

3: 地方鉄道博物館は、東部のドイツ国境に近いハークスベルヘン Haaksbergen から北東に延びる旧国鉄支線で運行されている標準軌、延長7.5kmの蒸気保存鉄道。ドイツ製の小型機関車やレールバスが使われ、地方の町でかつて見られた鉄道支線ののどかな雰囲気を再現している。平原地帯を終点ブーケロー Boekelo まで片道25分。ここにも車庫があり、未修復の機関車等が見学可能。

4: レイセン壌土鉄道財団は、東部オーファーエイセル州、レイセン Rijssen 南郊の森の中を走る600mm軌間の保存産業軌道。壌土はローム(粘性質の高い土壌)のこと。近辺の採土場から煉瓦工場に、原料となる壌土を運んでいた簡易軌道が保存され、シーズンの土曜にミニ列車が走る。走行線の長さ約1.2km、小型蒸機やディーゼルの牽引で、片道10分。

5: フェリュウェ蒸気鉄道協会は、中央部フェリュウェ Veluwe の森の東縁を行く標準軌の旧国鉄線で運行されている蒸気保存鉄道。全長22kmあり、大型蒸機が運河沿いや田園風景を疾駆することで人気が高い。通常運行では、拠点ベークベルヘン Beekbergen から北はアペルドールン Apeldoorn、南はエールベーク Eerbeek の間を往復する。片道55分。夏は週6日運行され、終点ディーレン Dieren まで足を延ばす日も。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
6 オランダ野外博物館軌道線
Tramlijn Nederlands Openluchtmuseum
electrified
1435
Arnhem アルンヘム北郊 Google Wmedia
flickr
7 ホールン=メーデムブリック保存蒸気軌道
Museumstoomtram Hoorn Medemblik (SHM)
steam
1435
Hoorn - Medemblik アムステルダム北北東30km Google Wmedia
flickr
8 アムステルダム保存電気軌道
Elektrische Museumtramlijn Amsterdam (EMA)
electrified
1435
Haarlemmermeer-
station - Bovenkerk
アムステルダム市内南部 Google Wmedia
flickr
9 高炉蒸気エイマイデン
Hoogovens Stoom IJmuiden
steam
1435
Velsen-Noord アムステルダム北西20km Google Wmedia
flickr
10 カトウェイク=レイデン蒸気鉄道
Stoomtrein Katwijk Leiden
steam
700
Valkenburg ハーグ北東10km Google
route
Wmedia
flickr

6: オランダ野外博物館軌道線は、中部アルンヘム Arnhem 北郊で、民俗文化や農工業史を展示しているオランダ野外博物館 Nederlands Openluchtmuseum の構内路面軌道。標準軌、長さ1.75kmの周回線が、緑に包まれた広大な園地を巡っている。6か所ある停留所をオランダ各地の古典トラムが結んで、一周15分。1912年創設の歴史ある博物館だが、トラムの登場は1996年とまだ新しい。

7: ホールン=メーデムブリック保存蒸気軌道は、エイセル湖 IJsselmeer 西岸のポルダーを走る標準軌の蒸気保存鉄道。ホールン Hoorn ~メーデムブリック Medemblik 間20km。角型を含む小型蒸機(スチームトラム)が、春ならチューリップの咲く平野をのんびり走る。オランダで最も有名な観光路線で、4~9月は週6~7日の運行。メーデムブリックからエンクハイゼン Enkhuizen へ湖を船で移動してNS(オランダ鉄道)線で戻る(またはその逆の)三辺周遊コースも人気がある。

8: アムステルダム保存電気軌道は、アムステルダム市南部のハールレマーメール駅 Station Haarlemmermeer から南郊のボーフェンケルク Bovenkerk に至る標準軌、全長7.2kmの保存電気トラム路線。非公式だが30系統を名乗る。オランダはじめ欧州の諸都市から来た旧型トラムが、普通鉄道の廃線跡を復活させた森と運河に沿う専用線を行く。運行はシーズンの日曜で、片道30分。なお、交差する高速道の工事のため、2021~26年の間は途中までの短縮運行となる。

9: 高炉蒸気エイマイデンは、北海運河 Noordzeekanaal の河口エイマイデン Ijmuiden にあるタタ・スチール Tata Steel(旧コーラス Corus 社)の製鉄所で行われている工場見学ツアー。シーズンの日曜日に実施され、保存蒸機が牽く列車で広大な構内を巡りながら、鉄鋼の生産工程を学ぶ。給水休憩の際に蒸機の見学も可能。走行距離約15km、所要1時間30分。

10: カトウェイク=レイデン蒸気鉄道は、レイデン西郊にある700mm軌間の蒸気保存鉄道。1970年に砂丘上の貨物線で開業し、1993年にファルケンブルフ湖 Valkenburgse Meer の周囲に敷かれた約2kmの現ルートに移された。4~10月の運行日には蒸機が牽くミニ列車が往復する。所要30分。その後、ディーゼル列車に乗り換えて約30分の車庫見学がある。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
11 ハーグ公共交通博物館
Haags Openbaar Vervoer Museum
electrified
1435
Den Haag ハーグ市内 Google Wmedia
flickr
12 ロッテルダム路面電車博物館
Trammuseum Rotterdam
electrified
1435
Rotterdam ロッテルダム市内北部 Google Wmedia
flickr
13 旧RTM財団
(アウトドルプRTM博物館)
Stichting voorheen RTM
(Museum RTM Ouddorp)
steam
1067
De Punt - West-Répart ロッテルダム西南西45km Google Wmedia
flickr
14 フース=ボルセレ蒸気鉄道
Stoomtrein Goes-Borsele (SGB)
steam
1435
Goes - Hoedekenskerke アントウェルペン北西50km Google Wmedia
flickr
15 エフテリング蒸気鉄道会社
Efteling Stoomtrein Maatschappij
steam
600
Kaatsheuvel ブレダ東北東20km Google Wmedia
flickr

11: ハーグ公共交通博物館は、1989年に開館したハーグ市の公共交通遺産に関する博物館。旧車庫を活用した館内で旧型トラムを保存展示するとともに、毎日曜午後に市内外の一般路線を走るツアーを実施する。行先は観光地のスヘーフェニンゲン Scheveningen やデルフト Delft などそのつど変わり、所要45~90分。それとは別にPCCカーで市内を一周する乗り降り自由の観光トラム Tourist Tram も人気。

12: ロッテルダム路面電車博物館は、市内北部にある旧車庫でロッテルダムの公共交通に関する歴史資料を保存展示している博物館。運営する財団が4~10月の間、旧型トラムによる市内ツアーを行っている。10系統を名乗り、中心街や中央駅を経由して市内の見どころを巡るもの。一周70~80分だが、専用一日券で乗り降り自由。

13: 旧RTM財団は、北海に面した島の先端で、オランダ唯一の1067mm軌間の保存鉄道を運行する。ルートは大規模な締切堤防ブラウウェルスダム Brouwersdam に沿うデ・プント De Punt~ウェスト・レーパルト West-Répart 間約8kmで、小型蒸機またはディーゼルの列車で湖面を眺めながら往復1時間の旅。旧RTMとは、かつて地方路線を運営していたロッテルダム軌道会社 Rotterdamsche Tramweg Maatschappij のこと。

14: フース=ボルセレ蒸気鉄道は、南東端、南ベーフェラント Zuid-Beveland の広大な干拓農地を貫いて走る標準軌の蒸気保存鉄道。ルートは、廃止支線を利用したフース Goes ~アウデランデ Oudelande 間16kmだが、末端区間は使われていない。蒸気列車は、機回し線のあるフーデケンスケルケ Hoedekenskerke までで、片道35分。気動車では次のバールラント Baarland まで足を延ばす便もある。

15: エフテリング蒸気鉄道会社は、オランダ最大のテーマパーク、エフテリング Efteling の広大な園地を周回する600mm軌間の蒸気保存鉄道(「会社 Maatschappij」までがアトラクションの名称)。1969年に運行を開始したルートは現在2.3kmあり、一周約15分。稼働中の蒸機3両のうち2両はオーレンシュタイン・ウント・コッペル Orenstein & Koppel の1908~11年製で、遊具どころか本格的な陣容。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
16 百万フルデン線
(南リンブルフ蒸気鉄道協会)
Miljoenenlijn
(Zuid-Limburgse Stoomtrein Maatschappij (ZLSM))
steam
1435
Schin op Geul - Simpelveld - Kerkrade,
Simpelveld - Vetschau
マーストリヒト東20km Google Wmedia
flickr

16: 百万フルデン線は、オランダ最南部の丘陵地帯を走る標準軌の保存蒸気鉄道。名称は、起伏が多い土地のため、工事に莫大な費用をかけた路線についたあだ名。シンペルフェルト Simpelveld を拠点に、西のスヒン・オプ・フール Schin op Geul、北のケルクラーデ Kerkrade、東のドイツ領フェッチャウ Vetschau(実際は国境手前のボホルツ Bocholtz まで)の3方向に、テンダー蒸機やDB仕様のレールバスが走る。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
[1] デ・ヘフ
(コーニングスハーフェン橋)
De Hef (Koningshavenbrug)
Rotterdam ロッテルダム市内 Google Wmedia
flickr

[1]: デ・ヘフは、英語の The Lift を意味し、ロッテルダムのコーニングスハーフェン(王の港)Koningshaven 水路の上に架かる鉄道昇開橋。全体は210m以上あり、うち昇開橋部分は長さ79m、径間53m、桁高46.5m。1878年に造られた旋回橋を改築して1927年に完成した西欧最初の昇開橋だった(取付部のトラス橋は1878年造のまま)。1993年の河底トンネル開通で廃線となり、現在は記念物として保存されている。
このページの先頭へ

鉄道地図
・時刻表
「地図と鉄道のブログ」の以下の記事で紹介している。

オランダの鉄道地図 I
オランダの鉄道地図 II-ウェブ版
オランダの鉄道時刻表
参考サイト
RAILMUSEA in Nederland
http://www.railmusea.nl/
オランダの保存鉄道リンク集。表記は蘭語

De Nederlandse Museummaterieel Database
http://nmld.locaalspoor.nl/
オランダの保存鉄道の所有車両等に関する詳細データ。表記は蘭語

Cabview Holland
https://www.youtube.com/@CabviewHolland
オランダの鉄道の前面車窓動画集

2023年1月現在
© 2023 T. Yamashita