保存鉄道・観光鉄道リスト List of Heritage and Tourist Railways
保存鉄道、観光鉄道、山越えする普通鉄道、ユニークな鉄橋のリスト

名称:現地サイトがある場合はリンクしている
特徴steam:蒸機運行あり electrified:電化線
   rack:ラック鉄道(一部または全線) funicular:ケーブルカー
   spiral:スパイラル線あり zigzag:ジグザグ線あり(除 ラック鉄道)
  数字は軌間、単位mm
地図Google の地図は起点駅または拠点駅(太字)付近を示す。route はルート図
写真Wikimedia の該当カテゴリ、flickr の検索結果にそれぞれリンクしている

イギリス United Kingdom
ウェールズ Wales

index map
6- 11- 16- 21- [1]-

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
1 リル・ミニチュア鉄道
Rhyl Miniature Railway
steam
381
Rhyl リヴァプール西南西35km Google Wmedia
flickr
2 グレート・オーム軌道
Great Orme Tramway
funicular
1067
Victoria - Summit バンガー東北東20km Google Wmedia
flickr
3 ウェルシュ・ハイランド鉄道
Welsh Highland Railway
steam
zigzag
597
Caernarfon - Porthmadog Harbour バンガー南西15km Google Wmedia
flickr
4 ウェルシュ・ハイランド保存鉄道
Welsh Highland Heritage Railway
steam
597
Porthmadog - Pen-y-Mount バンガー南35km Google Wmedia
flickr
5 スランベリス・レーク鉄道
Llanberis Lake Railway
steam
597
Llanberis - Gilfach Ddu - Penllyn バンガー南15km Google Wmedia
flickr

1: リル・ミニチュア鉄道は、アイリッシュ海沿いの都市リル Rhyl にある15インチ(381mm)軌間の蒸気遊覧鉄道。人工湖マリン・レーク Marine Lake を一周する1.6kmのルートで、1920年代製の機関車がオープン客車を牽いて走る。1911年5月にレジャー施設のアトラクションとして開業したが、1970年に撤去。1978年に再敷設された。

2: グレート・オーム軌道は、アイリッシュ海に臨む保養地スランディドノ Llandudno にある長さ1.5kmのケーブルカー。トラム形式の車両が陸繋島グレート・オーム Great Orme の坂道を上っていく。ルートはニ分されており、下部区間のほとんどが、ケーブルカーでは珍しい道路との併用軌道。続く上部区間は専用軌道で、海風吹き抜ける台地の上を行く。
ウェールズの鉄道を訪ねて-グレート・オーム軌道

3: ウェルシュ・ハイランド鉄道は、北ウェールズのカーナーヴォン Caernarfon ~ポースマドッグ・ハーバー Porthmadog Harbour 間39.7kmを走る1フィート11インチ半(597mm)軌間の蒸気鉄道。第二次世界大戦前に廃止された旧線跡を利用して、1997~2011年に順次復活。全線で2時間を超える長旅だが、スノードニア国立公園の山岳地帯の壮大な自然を堪能できる。フェスティニオグ鉄道会社(→7)が運営。
ウェールズの鉄道を訪ねて-ウェルシュ・ハイランド鉄道 I
ウェールズの鉄道を訪ねて-ウェルシュ・ハイランド鉄道 II

4: ウェルシュ・ハイランド保存鉄道は、ポースマドッグ北郊にある1フィート11インチ半(597mm)軌間の蒸気保存鉄道。列車は終点ペン・ア・モイント Pen-y-Mount まで長さ約1.6kmの路線を往復する。ウェルシュ・ハイランド鉄道(→3)の全線復活を最終目標にして1980年に「部分」開業したが、フェスティニオグ鉄道会社との主導権争いに敗れ、延伸は叶わなかった。

5: スランベリス・レーク鉄道は、スランベリス Llanberis のパダルン湖 Llyn Padarn 北岸に沿う長さ約4km、1フィート11インチ半(597mm)軌間の蒸気保存鉄道。スレート鉱山の貨物鉄道の廃線跡を使って、1971年に開業した。湖面に映るスノードニアの山並みを眺めながら往復70分の旅。2003年のルート延伸で、起点がスノードン登山鉄道(→6)の山麓駅に近づいた。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
6 スノードン登山鉄道
Snowdon Mountain Railway
steam
rack
800
Llanberis - Summit バンガー南15km Google Wmedia
flickr
7 フェスティニオグ鉄道
Ffestiniog Railway
steam
spiral
597
Porthmadoc Harbour - Blaenau Ffestiniog バンガー南35km Google Wmedia
flickr
8 バラ・レーク鉄道
Bala Lake Railway
steam
600
Llanuwchllyn - Bala レクサム西南西50km Google Wmedia
flickr
9 スランゴスレン鉄道
Llangollen Railway
steam
1435
Llangollen - Carrog レクサム南西15km Google Wmedia
flickr
10 カンブリア線
Cambrian Line
1435 Shrewsbury - Aberystwyth,
Dovey Junction - Pwllheli
シュルーズベリーから西へ Google
route
Wmedia
flickr

6: スノードン登山鉄道は、山麓のスランベリス Llanberis からウェールズの最高峰、標高1085mのスノードン山 Snowdon に上るイギリス唯一のアプト式ラック鉄道。長さ7.5km、最大勾配182‰。1896年の開業以来、予約必須の高い人気を保ち続けるが、天候不順による途中駅での折り返し運転もままある。運行は主としてディーゼル機関車が担い、スイス製古典蒸機は特別列車にのみ登場。
スノードン登山鉄道 I-歴史
スノードン登山鉄道 II-クログウィン乗車記

7: フェスティニオグ鉄道は、ポースマドッグ・ハーバー Porthmadog Harbour とブライナイ・フェスティニオグ Blaenau Ffestiniog の間21.93kmを結ぶ1フィート11インチ半(597mm)軌間の蒸気保存鉄道。1836年の開業で、採掘したスレートを山から港へ運び下ろしていた産業鉄道の草分け的存在。運行休止後、1955年から観光鉄道として段階的に再開された。所要65~75分。途中にオープンスパイラルもあり、車窓景観は雄大。2021年、「ウェールズ北西部のスレート関連景観 Slate Landscape of Northwest Wales」の構成資産として世界遺産に登録された。
ウェールズの鉄道を訪ねて-フェスティニオグ鉄道 I
ウェールズの鉄道を訪ねて-フェスティニオグ鉄道 II

8: バラ・レーク鉄道は、ディー川 Dee 上流にあるウェールズ最大の湖、バラ湖 Bala Lake の南岸に沿う600mm軌間の蒸気保存鉄道。廃止された標準軌線の路盤を利用して、1972年に開業した。現在はスラニウヒスリン Llanuwchllyn ~バラ(ペナボント)Bala (Penybont) 間7.2kmのルートで運行されているが、バラ市街地まで1.2kmの延伸計画が進行中。

9: スランゴスレン鉄道は、運河と音楽祭の町スランゴスレン Llangollen からカロッグ Carrog に至る長さ16kmの標準軌保存鉄道。ディー川 Dee に沿い、橋梁やトンネルも揃った見どころの多いルートを走る。1965~68年に廃止された旧国鉄路線を、1975~96年に保存鉄道として再建したもの。現在、コルウェン Corwen まで4.0kmの延伸工事中。2021年3月の運営会社倒産で運行が停止されたが、7月に再開された。
ウェールズの鉄道を訪ねて-スランゴスレン鉄道

10: カンブリア線は、シュルーズベリー Shrewsbury を起点に、カーディガン湾岸のアベリストウィス Aberystwyth に至る131.2kmの本線と、途中で北へ分岐してプスヘリ Pwllheli に向かう86.6kmの支線からなる。支線は特に景色がよく、車窓に大海原が開ける。三角江を横断するバーマス橋 Barmouth Bridge(→[3])も見どころ。線名のカンブリア Cambria はウェールズ(ウェールズ語でカムリ Cymru)のラテン名。
ウェールズの鉄道を訪ねて-カンブリア線
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
11 ウェルシュプール・アンド・スランヴァイル軽便鉄道
Welshpool and Llanfair Light Railway
steam
762
Welshpool Raven Square - Llanfair Caereinion シュルーズベリー西30km Google Wmedia
flickr
12 リウ・ヴァレー軽便鉄道
Rhiw Valley Light Railway
steam
381
Berriew シュルーズベリー西南西35km Google Wmedia
flickr
13 コリス鉄道
Corris Railway
steam
686
Corris - Maespoeth Junction アベリストウィス北東30km Google Wmedia
flickr
14 フェアボーン鉄道
Fairbourne Railway
steam
311
Fairbourne - Barmouth Ferry アベリストウィス北30km Google Wmedia
flickr
15 タリスリン鉄道
Talyllyn Railway
steam
686
Tywyn Wharf - Nant Gwernol アベリストウィス北20km Google Wmedia
flickr

11: ウェルシュプール・アンド・スランヴァイル軽便鉄道は、ウェルシュプール Welshpool とスランヴァイル・カイレイニオン Llanfair Caereinion の間13.7kmを結ぶ2フィート6インチ(762mm)軌間の蒸気保存鉄道。1963年に保存運行を開始、1981年に現在の終点まで延長された。内陸の谷間を走り、峠越えもある勾配路線。オリジナル車両とともに、世界各地の狭軌線から取得した車両を連ねて走る。

12: リウ・ヴァレー軽便鉄道は、ウェルシュプール Welshpool の南西、リウ川 River Rhiw 沿いにある15インチ(381mm)軌間の蒸気保存鉄道。ルートは、谷間の牧場に敷かれた1.3kmのバルーン型周回線で、楽器商で演奏家でもあった鉄道愛好家(故人)が手造りしたもの。月1回、公開運行が行われる。

13: コリス鉄道は、ウェールズ中部のコリス Corris 村で1966年から活動している蒸気保存鉄道。かつて山中の鉱山からダヴィー川 River Dovey の船着場まで、スレートを輸送していた軌道の一部を再建。2002年にマイスポイス・ジャンクション Maespoeth Junction まで1.2kmの走行線が完成したが、さらに南へ延伸する構想もある。2フィート3インチ(686mm)軌間は、今やタリスリン鉄道(→14)とここにしかない。

14: フェアボーン鉄道は、フェアボーン Fairbourne の村から、マウザッハ川 Afon Mawddach の三角江に延びる砂嘴(さし)の上を行く長さ3.2kmの蒸気鉄道。1916年に観光用に転換された。軌間わずか1フィート1/4インチ(311mm)の「人が乗れるミニチュア鉄道 Ridable miniature railway」で、列車を前にすると人はみな巨人に見える。終点バーマス・フェリー Barmouth Ferry から渡船で対岸に渡るも可。
ウェールズの鉄道を訪ねて-フェアボーン鉄道

15: タリスリン鉄道は、タウィン・ワーフ Tywyn Wharf からナント・グウェルノル Nant Gwernol に至る延長11.8km、軌間2フィート3インチ(686mm)の蒸気保存鉄道。鉱山からスレートを運び出すために1866年に開通。1951年にボランティアが運営する世界初の保存鉄道になった。きかんしゃトーマスに登場するスカーロイ鉄道 Skarloey Railway のモデルとしても知られる。2021年、「ウェールズ北西部のスレート関連景観 Slate Landscape of Northwest Wales」の構成資産として世界遺産に登録された。
ウェールズの鉄道を訪ねて-タリスリン鉄道
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
16 アベリストウィス・クリフ鉄道
Aberystwyth Cliff Railway
funicular
1422
Aberystwyth アベリストウィス北郊 Google Wmedia
flickr
17 ヴェール・オヴ・レイドル鉄道
Vale of Rheidol Railway
steam
600
Aberystwyth - Devil's Bridge アベリストウィスから東へ Google Wmedia
flickr
18 タイヴィ・ヴァレー鉄道
Teifi Valley Railway
steam
610
Henllan カーマーゼン北20km Google Wmedia
flickr
19 グウィリ鉄道
Gwili Railway
steam
1435
Abergwili Junction - Bronwydd Arms - Danycoed Halt カーマーゼン北5km Google Wmedia
flickr
20 ブレコン・マウンテン鉄道
Brecon Mountain Railway
steam
610
Pant - Torpantau カーディフ北北西40km Google Wmedia
flickr

16: アベリストウィス・クリフ鉄道は、アベリストウィス Aberystwyth 北郊にあるカーディガン湾の見晴らし台、コンスティテューション・ヒル Constitution Hill に上るケーブルカー。1896年にウォーターバラスト方式で開業し、1921年に電化。今もクラシックなスタイルを保つ。長さ271mで、2001年のケアンゴーム登山鉄道(→スコットランド 4)開業まで、イギリス最長のケーブルカーだった。
ウェールズの鉄道を訪ねて-アベリストウィス・クリフ鉄道

17: ヴェール・オヴ・レイドル鉄道は、アベリストウィス Aberystwyth から観光名所のデヴィルズ・ブリッジ(悪魔の橋)Devil's Bridge へ行く延長18.9km、軌間1フィート11インチ3/4(603mm)の蒸気保存鉄道。かつては旧国鉄線で、1968年以来、国鉄唯一の蒸気運転路線だったが、1989年に民営化。ルートは、中盤から山が深まり、最大20‰の勾配で谷壁を這い上る。終点から悪魔の橋へは徒歩5分。
ウェールズの鉄道を訪ねて-ヴェール・オヴ・レイドル鉄道

18: タイヴィ・ヴァレー鉄道は、タイヴィ川 Teifi の谷を通る旧国鉄線の跡地を利用して、1986年から運行されていた延長3km、2フィート(610mm)軌間の蒸気保存鉄道。拠点はヘンラン Henllan 旧駅に置かれていた。しかし、スタッフの離脱で2014年に運行中止、運営会社の破産で線路や車両も失われた。残るスタッフで2016年に再建に着手、現在、1kmの線路で運行が再開されている。

19: グウィリ鉄道は、カーマーゼン Carmarthen 北郊を流れるグウィリ川 Gwili の谷に沿う長さ7.2km、標準軌の蒸気保存鉄道。1973年廃止の旧国鉄線を再建したもの。列車はルートの中間にあるブロンウィズ・アームズ Bronwydd Arms を出発し、上流側ダナコイド・ホールト Danycoed Halt と下流側アベルグウィリ・ジャンクション Abergwili Junction の両端を往復して、拠点駅に戻る。 所要1時間強。

20: ブレコン・マウンテン鉄道は、ブレコン・ビーコンズ山地 Brecon Beacons の南麓を上る延長8.0km、軌間1フィート11 3/4インチ(603mm)の蒸気保存鉄道。パント Pant 駅を拠点に、ポントスティキス貯水池 Pontsticill Reservoir のほとりを通り、2014年に延伸開業した峠の駅トーパンタウ Torpantau で折り返す。緑の深い谷間と湖面の風光を愛でながら、ボールドウィン蒸機で行く往復90分の旅。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
21 ブレナヴォン保存鉄道
Blaenavon's Heritage Railway
steam
1435
Whistle Inn Halt - Furnace Sidings - Blaenavon High Level カーディフ北30km Google Wmedia
flickr

21: ブレナヴォン保存鉄道は、産業革命を牽引した製鉄所と鉱山跡が世界遺産に登録されているブレナヴォン Blaenavon にある延長5.6km、標準軌の蒸気保存鉄道。拠点駅はファーネス・サイディングズ Furnace Sidings。列車は、鉱山博物館の最寄りでスイッチバックのビッグ・ピット・ホールト(停留所)Big Pit Halt を含め、ルート上の3つの端点間を55分かけて往復する。
このページの先頭へ

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
[1] コンウィ鉄道橋
Conwy Railway Bridge
Conwy バンガー東20km Google Wmedia
[2] ブリタニア橋
Britannia Bridge
Bangor バンガー南西5km Google Wmedia
[3] バーマス橋
Barmouth Bridge
Barmouth アベリストウィス北35km Google Wmedia
flickr

[1]: コンウィ鉄道橋は、ノース・ウェールズ・コースト線 North Wales Coast Line 上のコンウィ川 River Conwy に架かる、長さ141mの橋梁で、1848年に完成(路線は翌年開業)した。鉄道の父ジョージ・スティーヴンソン George Stephenson の息子ロバート Robert が造った鋳鉄製のチューブラーブリッジ(管状橋)で、現存する唯一の作例。橋台には中世風のバービカン(橋楼)が設置され、隣接するコンウィ城やテルフォードの吊橋の景観と一体化している。

[2]: ブリタニア橋は、本土とアングルシー島 Anglesey を隔てるメナイ海峡 Menai Strait を横断している長さ460m、塔高67m、最大径間140mのトラスアーチ橋。上層が道路、下層が単線の2層構造。ロバート・スティーヴンソンが1850年に建設した初代の橋はチューブラー構造だったが、1970年の火災で損傷し、橋脚を残して1972~80年に現在の構造に作り替えられた。

[3]: バーマス橋は、カンブリア線 Cambrian Line がマウザッハ Mawddach 川の三角江を横断する地点に架かる長さ699mの鉄道橋。橋は桁橋の構造だが、北端に背の高い船を通すための旋回橋が接続している。橋脚は鋳鉄製、旋回部を除く113個の橋桁は木造で、イギリスに現存する木造橋では最長級。陸側(東側)に併設された通路は歩道・自転車道に開放されている。
このページの先頭へ

鉄道地図 「地図と鉄道のブログ」の以下の記事で紹介している。

イギリスの鉄道地図 I-トーマス・クック社
イギリスの鉄道地図 II-鉄道史を知る区分地図
イギリスの鉄道地図 III-ボール鉄道地図帳
イギリスの鉄道地図 IV-ベーカー鉄道地図帳
イギリスの鉄道地図 V-ウェブ版
イギリスの鉄道地図 VI-コッブ大佐の鉄道地図帳
イギリスの鉄道地図 VII-トラック・マップス社
参考サイト
National Rail
http://www.nationalrail.co.uk/
英国鉄道の公式サイト。運行会社へのリンク集(Train Companies)がある。Useful Information には運行会社ごとの時刻表(Timetables you can print)、路線名一覧(Named railway lines)、鉄道地図(Rail Maps)などがあり、役に立つ。

UK Heritage Railways
http://www.heritagerailways.com/
イギリスおよびアイルランドの保存・観光鉄道、鉄道博物館、鉄道保存団体等を網羅する組織「遺産鉄道協会 Heritage Railway Association」の公式サイト。参加組織の包括的なリンク集がある。

Britain's Great Little Railways
https://www.bglr.org/
イギリスの主としてミニチュア鉄道の包括的組織「イギリスの偉大な小鉄道」の公式サイト。参加各鉄道の概要記事がある。

Great Little Trains of Wales
https://www.greatlittletrainsofwales.co.uk/
「ウェールズの偉大な小鉄道」 ウェールズの狭軌保存鉄道の観光サイト。各鉄道の概要記事がある。

2022年2月現在
© 2022 T. Yamashita