保存鉄道・観光鉄道リスト List of Heritage and Tourist Railways
保存鉄道、観光鉄道、山越えする普通鉄道、ユニークな鉄橋のリスト

名称:現地サイトがある場合はリンクしている
特徴steam:蒸機運行あり electrified:電化線
   rack:ラック鉄道(一部または全線) funicular:ケーブルカー
   spiral:スパイラル線あり zigzag:ジグザグ線あり(除 ラック鉄道)
   数字は軌間、単位mm
地図GoogleIGN(フランス国土地理院) の地図は起点駅または拠点駅(太字)付近を示す。route はルート図
写真Wikimedia の該当カテゴリにリンクしている

フランス北部 France North


index map

名称 特徴 起終点 概略位置 地図 写真
1 ドゥール谷観光路面軌道
Tramway touristique de la vallée de la Deûle (AMITRAM)
electrified
1000
Pont Mabille - Ferme Saint Chrysole リール北郊 Google
IGN
Wmedia
2 アー谷観光鉄道
Chemin de Fer Touristique de la Vallée de l'Aa
1435 Arques - Lumbres リール西60km Google
IGN
Wmedia
3 ソンム湾鉄道
Chemin de Fer de la Baie de Somme
steam
1000
1435
Noyelles - Le Crotoy,
Noyelles - St-Valery-sur-Somme - Cayeux
アミアン北西60km Google
IGN
route
Wmedia
4 ボーヴェジス蒸気鉄道
Train a vapeur du Beauvaisis (MTVS)
steam
1000
Crèvecoeur-le-Grand - Rotangy パリ北90km/ボーヴェ Beauvais 北20km Google
IGN
Wmedia
5 オート・ソンム軽便鉄道
(フロワッシー=ドンピエール鉄道)
P'tit Train de la Haute Somme
(Chemin de fer Froissy-Dompierre)
steam

600
Froissy - Cappy - Dompierre アミアン東25km Google
IGN
route
Wmedia

1: ドゥール谷観光路面軌道は、1966年に全廃となった旧 リール Lille 市電などの古典車両を保存運行している。リール市街北部、ゆるやかにうねるドゥール運河 Canal de la Deûle の右岸に沿って、曳舟道の跡などを利用した約3kmの専用線がある。AMITRAM(国際メトロポリタン交通博物館協会)は、運営団体の名。

2: アー谷観光鉄道は、運転台が屋根から突出した特異な形状から「ピカソ Picasso」と呼ばれる気動車X3800形や、ディーゼル機関車で運行される保存鉄道。ポーランド製の蒸機も保有している。走行区間は、サントメール Saint-Omer とブローニュ Boulogne 方面を結んでいた支線(1968年旅客輸送廃止)の一部、アルク Arques ~ランブル Lumbres 間15km。

3: ソンム湾鉄道は、ヴィヴァレー鉄道(→南部17)と並ぶフランスの代表的なメーターゲージ保存蒸気鉄道。ル・クロトワ Le Crotoy から、SNCF線に接続するノワイエル・シュル・メール Noyelles-sur-Mer を経てサン・ヴァルリー・ポール St-Valery Port(港駅)までの湾奥を巡る13.7kmは蒸機で、またサン・ヴァルリー・ヴィル St-Valery Ville(港駅から約500m)から英仏海峡に面したリゾート、カイユー・シュル・メール Cayeux-sur-Mer に至る11.3kmはディーゼル機関車で、それぞれ運行する。
ノワイエル~サン・ヴァルリー・ポール間は、標準軌の間に狭軌が入れ子になった二重軌条(4線軌条)区間。

4: ボーヴェジス蒸気鉄道は、2017年に開業したばかりの保存蒸気鉄道。蒸気軌道・フランス地方鉄道博物館 MTVS が保有車両を走らせるために、標準軌の廃線跡に新たにメーターゲージの線路を敷いたもの。ルートは現在、クレーヴクール・ル・グラン Crèvecoeur-le-Grand ~ロタンジー Rotangy 間3kmだが、ロタンジー以南の延長計画もある。

5: オート・ソンム軽便鉄道は、1971年から運行している600mm軌間の保存蒸気鉄道。ソンム Somme 地方は第一次世界大戦の激戦地(ソンムの戦い)で、この路線も軍用鉄道として建設された後、ドンピエールにある製糖工場の貨物輸送に使われていた。現在の運行区間は7kmで、途中に、台地のへりを登るためのZ型スイッチバックがある。乗車駅フロワッシー Froissy には、軍用・産業鉄道時代の資料館を併設。
このページの先頭へ 最初のページへ

名称 特徴 起終点 概略位置 地図 写真
6 ヴェルマンドワ観光鉄道
Chemin de Fer Touristique du Vermandois
steam
1435
St-Quentin - Origny ラン Laon 北西40km Google
IGN
Wmedia
7 トラムウェー・ド・ラン
Tramway de Laon
【廃止 abandoned】
electrified
rack
1000
Laon-Gare - Laon-Ville ラン市内 Google
IGN
Wmedia
8 南アルデンヌ観光鉄道
Chemin de fer touristique du sud des Ardennes (CFTSA)
1435 Amagne-Lucquy - Attigny - Challerange ランス北東45km Google
IGN
Wmedia
9 コタンタン観光鉄道
Train Touristique du Cotentin
1435 Carteret - Pontbail シェルブール南30km Google
IGN
10 エトルタ=ペイ・ド・コー観光鉄道
Train Touristique Étretat Pays de Caux
1435 Les Loges - Étretat ル・アーヴル北25km Google
IGN

6: ヴェルマンドワ観光鉄道は、1979年からSNCF線のサン・カンタン Saint-Quentin とオリニー・サント・ブノワト Origny-Sainte-Benoite 間22.2km(1966年旅客輸送廃止)で標準軌の蒸機やディーゼル機関車による保存運行を行っている。また蒸機は、SNCF営業線へ出張運行する機会もある。

7: トラムウェー・ド・ランは、SNCFのラン Laon 駅前から丘の上の旧市街に上っていく延長1.48km、高低差97m、勾配90~130‰のアプト式ラック鉄道だったが、1971年に廃止された。廃線跡を利用して1989年に新交通システム「ポマ Poma 2000」が開通したものの、これも2016年に廃止となり、最終的にバス転換された。

8: 南アルデンヌ観光鉄道は、SNCF支線のアマーニュ・リュッキー Amagne-Lucquy ~シャルランジュ Challerange 間40.8km(1969年旅客輸送廃止)で、アルデンヌ蒸気牽引友の会 ATVA がピカソ形気動車による保存運行を行っている。車庫は途中のアティニー Attigny 駅にあり、2020年の運行はアティニー~アマーニュ間の往復だった。

9: コタンタン観光鉄道は、コタンタン半島(ノルマンディー半島)西岸の港町カルトレ Carteret からポールバイユ Portbail まで8.8kmの間(カランタン=カルトレ線 Ligne de Carentan-Carteret の一部、1976年旅客輸送廃止)で、マンシュ観光鉄道協会 ACTM が1950年代のディーゼル機関車による観光列車を運行している。途中2駅に停車し、所要時間は片道30分。

10: エトルタ=ペイ・ド・コー観光鉄道は、印象派の絵にも描かれた奇岩で知られる海浜リゾート、エトルタ Étretat 近傍の観光鉄道。1951年に旅客輸送が廃止された標準軌支線の末端部5.2kmを利用している。拠点はレ・ロージュ Les Loges にある。線路はエトルタに向かって一方的な下り勾配のため、往きは軌道自転車(ヴェロライユ Vélorail)で走り、帰りは列車に乗る(列車での往復も可能)。
このページの先頭へ 最初のページへ

名称 特徴 起終点 概略位置 地図 写真
11 ウール谷鉄道
Chemin de Fer de la Vallée de l'Eure
1435 Breuilpont - Pacy-sur-Eure - Jouy-Cocherel パリ西80km/エヴルー Evreux 北東10km Google
IGN
Wmedia
12 ブリー・シャンプノワーズ=オモワ観光鉄道
Association Tourisme Ferroviaire de la Brie Champenoise à l'Omois (TFBCO)
1435 Montmirail - Artonges - Mezy Moulins パリ東90km/ランス Reims 南西40km Google
IGN
13 アブレッシュヴィレル森林鉄道
Chemin de fer forestier d'Abreschviller
steam
700
Abreschviller - Grand-Soldat ナンシー東70km Google
IGN
Wmedia
14 ライン川観光鉄道
Chemin de fer touristique du Rhin
steam
1435
Volgelsheim - Sans Soucis (Baltzenheim) コルマール Colmar 東20km Google
IGN
Wmedia
15 アルザス・トゥール・ドレル鉄道
(ドレル谷観光鉄道)
Train Thur Doller Alsace
(Chemin de Fer Touristique de la Vallée de la Doller)
steam
1435
Cernay-St-André - Sentheim ミュールーズ西15km Google
IGN
Wmedia

11: ウール谷鉄道は、パリ西郊ウール Eure 川沿いのパシー・シュル・ウール Pacy-sur-Eure を拠点に運行されている保存鉄道。SNCF旧線(1950年旅客輸送廃止)のブルイユポン Breuilpont またはコシュレル Cocherel との間をディーゼル牽引の列車が往復する。パシー・シュル・ウールの瀟洒な駅舎も見どころ。

12: ブリー・シャンプノワーズ=オモワ観光鉄道は、同名の協会 TFBCO が2019年に運行を始めたばかりの保存鉄道。SNCFメジー=ロミイ・シュル・セーヌ線 Ligne Mézy - Romilly-sur-Seine(1953年旅客輸送廃止)のモンミライユ Montmirail 駅を拠点とし、アルトンジュ Artonges までの8.8kmをピカソ形気動車で往復する。

13: アブレッシュヴィレル森林鉄道は、かつてヴォージュ山地の林業振興に寄与した延長73km、軌間700mmの森林鉄道網の一部を保存して、観光に活用している。ツアーでは、蒸機またはディーゼル機関車が牽引する小型列車で、サール Sarre 川最上流の森の中のルート5.3kmを往復する。終点グラン・ソルダ Grand-Soldat での水力利用の古い製材所の見学を含め、所要90分。

14: ライン川観光鉄道は、ライン Rhein(仏:ラン Rhin)河畔の標準軌貨物線12kmで、蒸機またはディーゼル機関車による観光列車を運行する。出発駅はフォルゲルサイム Volgelsheim。往路(川下方向)は列車だが、復路は終点サン・スーシ Sans-Souci の桟橋から観光船でライン川を遡り、鉄道の車庫近くで下船して残り区間を列車で戻る。所要2時間30分(列車での往復も可能)。

15: アルザス・トゥール・ドレル鉄道は、1976年に運行を開始した保存蒸気鉄道。以前はドレル谷鉄道 Chemin de fer de la vallée de la Doller と称した。廃止された標準軌セルネー=セヴェン線 Ligne Cernay - Sewen の一部、セルネー・サンタンドレ Cernay-Saint-André ~センタイム Sentheim 間13.65kmを走る。ドレル川を渡るトラス橋がルート中のアクセント。
このページの先頭へ 最初のページへ

名称 特徴 起終点 概略位置 地図 写真
16 トリュー蒸気鉄道
Vapeur du Trieux
steam
1435
Paimpol - Pontrieux サン・ブリュー St-Brieuc 北西40km/ブルターニュ半島北岸 Google
IGN
Wmedia
17 中央ブルターニュ鉄道
Chemins de Fer du Centre-Bretagne

【休止中 suspended】
1435 Loudéac - St-Brieuc - Le Légue サン・ブリュー St-Brieuc 南35km Google
IGN
Wmedia
18 ヴァンデー鉄道
Chemin de fer de la Vendée
steam
1435
Mortagne-sur-Sèvre - Les Herbiers ナント南東50km Google
IGN
Wmedia
19 トゥアール蒸気鉄道(旧 トゥレーヌ蒸気鉄道)
Train à Vapeur Thouarsais (ex. Trains à Vapeur de Touraine)

【廃止 abandoned】
steam
1435
Thouars - Loudun トゥール南西80km Google
IGN
20 サルト観光鉄道
Chemin de fer touristique de la Sarthe (TRANSVAP)
steam
1435
Connerré-Beillé - Bonnétable ル・マン北東25km Google
IGN
Wmedia

16: トリュー蒸気鉄道は、ブルターニュ半島北岸のパンポル Paimpol ~ポントリュー Pontrieux 間15.2kmを蒸機牽引の観光列車が走る。トリュー Trieux 川三角江の縁をなぞる景勝ルートで知られ、パンポル発の便では途中、トラウ・ネ Traou-Nez 停留所で下車し、三角江に臨む旧邸を見学する。

17: 中央ブルターニュ鉄道は、同名の協会がルデアック Loudéac を拠点にSNCFのサン・ブリュー=ポンティヴィー線 Ligne Saint-Brieuc - Pontivy で、観光列車を運行してきた。しかし2017年に発生したSNCFの保守作業車による大規模な設備損壊で全線不通となり、今も運休中。

18: ヴァンデー鉄道は、旧ヴヴァン・スゼ=サン・クリストフ・デュ・ボワ線 Ligne Vouvant-Cezais - Saint-Christophe-du-Bois の一部区間で保存蒸機やプルマン客車(食堂車)による観光列車を運行している。モルターニュ・シュル・セーヴル Mortagne-sur-Sèvre が拠点で、20.6km先のレゼルビエ Les Herbiers まで走って折り返す。途中にある壮大なバルバン高架橋 Viaduc de Barbin は列車の撮影名所。

19: トゥアール蒸気鉄道は、1974~2004年の間、シノン Chinon ~リシュリュー Richelieu 間で蒸機列車を運行していたトゥレーヌ蒸気鉄道 Trains à Vapeur de Touraine が前身。同区間で運行ができなくなった後、運営団体は近傍のトゥアール Thouars ~ルダン Loudun 間での復活をめざした。しかし地元自治体の支援が得られず、2015年に計画の中止が決定、保有車両は他の保存鉄道に預けられた。

20: サルト観光鉄道は、トランスヴァプ TRANSVAP という協会により、1979年から運行されている観光保存鉄道。旧SNCFマメール=サン・カレ線 Ligne Mamers - Saint-Calais(通称「公爵線 ligne des Ducs」)のベイエ Beillé とボネターブル Bonnétable の間を往復する。ベイエ駅はSNCF線コネレ・ベイエ Connerré-Beillé 駅に隣接しており、アクセスは容易。
このページの先頭へ 最初のページへ

名称 特徴 起終点 概略位置 地図 写真
21 ミュゼオトラン
(スミュール・アン・ヴァロン保存鉄道)
Muséotrain de Semur en Vallon
600 à Semur-en-Vallon (loop line) ル・マン東35km Google
IGN
22 ロワール渓谷観光鉄道
Train Touristique de la Vallée du Loir
1435 Thoré-la-Rochette - Troo トゥール北50km Google
IGN
23 バ・ベリー鉄道
Train du Bas-Berry
steam
1000
Argy - Écueillé - Valençay トゥール南東60km Google
IGN
Wmedia
24 ル・ブラン=アルジャン鉄道
Chemin de fer du Blanc-Argent
1000 Valençay - Gièvres - Salbris オルレアン南60km Google
IGN
Wmedia
25 ピティヴィエ交通博物館
Musée des Transports de Pithiviers
(Chemin de Fer Touristique de Pithiviers)
steam
600
Pithiviers - Bellebat オルレアン北東40km Google
IGN
Wmedia

21: ミュゼオトランは、ドコーヴィル Decauville 車両を収集展示するミュージアムパークを周回している600mm軌間の遊覧列車。ドコーヴィル社製の簡易軌道は19世紀後半から20世紀前半にかけて産業用、軍事用として一世を風靡した。訪問者は、入口のスミュール・アン・ヴァロン Semur en Vallon 駅で列車に乗り、博物館前で下車。博物館見学の後、再び乗車し、約15分の公園内周遊を楽しむ。

22: ロワール渓谷観光鉄道は、旧ポン・ド・ブレー=ブロワ線 Ligne Pont-de-Braye - Blois の一部区間、トレ・ラ・ロシェット Thoré la Rochette ~トロオ Troo(Trôo とも綴る)間で旧型気動車を走らせている保存鉄道。ルートはロワール川(ラ・ロワール La Loire)の支流ロワール川(ル・ロワール Le Loir)の浅い谷にあり、TGVアトランティック線との交差が名物。約3時間のツアー終了後、駅では地元ワインの紹介が行われる。

23: バ・ベリー鉄道はメーターゲージ路線で、旧ル・ブラン=アルジャン線 Ligne du Blanc - Argent の一部、アルジー Argy ~エキュイエ Écueillé ~ヴァランセー Valençay 間を走る保存鉄道。前半は蒸気機関車、後半は気動車で運行される。沿線はのどかな田園地帯。なお、ヴァランセー以遠には、ル・ブラン=アルジャン鉄道(→24)の一般運行がある。バ・ベリー Bas-Berry はベリー地方の下流域の意。

24: ル・ブラン=アルジャン鉄道は、かつて国内を縦横に行き交っていたメーターゲージ地方路線の貴重な生き残り。もとは長さが191kmあったが、現在、一般輸送はヴァランセー Valençay ~サルブリ Salbris 間56kmに短縮されている。SNCFの子会社 Keolis が運行。サルブリとジェーヴル Giévres でSNCF線に接続する。

25: ピティヴィエ交通博物館は1966年の開館で、かつてこの地域に張り巡らされていた600mm軌間のピティヴィエ=トゥリー県営軌道 Tramway départemental de Pithiviers à Toury (TPT) の車両や施設を保存公開している。走行線は、再現駅舎が建つベルバ Bellebat まで4kmの長さがあり、蒸機やディーゼル機関車がミニ列車を牽いて走る。
このページの先頭へ 最初のページへ

名称 特徴 起終点 概略位置 地図 写真
26 トラン・ド・ピュイゼ(ヨンヌ観光鉄道)
Train de Puisaye (Train touristique de l'Yonne)
1435 Toucy-Ville - Villiers-Saint-Benoit オセール Auxerre 西20km Google
IGN
27 ヨンヌ軽便鉄道
Le P'tit train de l'Yonne
600 à Massangis オセール南東35km Google
IGN
28 ウーシュ渓谷鉄道
Chemin de fer de la vallée de l'Ouche
steam
600
Bligny-sur-Ouche - Pont-d'Ouche ディジョン南西35km Google
IGN
Wmedia
29 レ・コンブ鉄道
Train des Combes
steam
600
à Le Creusot
(loop line)
ル・クルーゾ Le Creusot-TGV駅北西8km Google
IGN
Wmedia
30 SNCF オルロジェ(時計職人)線
Ligne des horlogers
1435 Besançon - Le Locle (- La Chaux de Fonds) ブザンソン~スイス国境 Google
IGN
Wmedia

26: トラン・ド・ピュイゼは、ヨンヌ観光鉄道ともいい、ブルゴーニュ北部にある標準軌の観光鉄道。トゥシー Toucy を拠点にピカソ形気動車がヴィリエ・サン・ブノワ Villiers-Saint-Benoit までの8.8kmを往復する。沿線はウアンヌ Ouanne 川が流れる緩やかな谷。

27: ヨンヌ軽便鉄道は、スラン Serein 川の谷を通っていたメーターゲージ線「タコ・デュ・スラン Tacot du Serein(スラン川のぽんこつ列車の意)」の廃線跡2.5kmに、600mmの軌道を敷いて観光列車を走らせている。拠点マッサンジ Massangis 駅には小さな鉄道博物館がある。

28: ウーシュ渓谷鉄道は、1835年に完成したエピナック鉄道 Chemin de fer d'Épinac の旧ルートを利用した600mm軌間の観光鉄道。エピナック鉄道はフランス最古の鉄道の一つで、同名の炭鉱とブルゴーニュ運河を結ぶ産業路線だった。現在の運行は拠点のブリニー・シュル・ウーシュ Bligny-sur-Ouche から運河近くのポン・ドゥーシュ Pont-d'Ouche までの6.8km。蒸機またはディーゼル機関車が小型客車を牽引する。

29: レ・コンブ鉄道は、ル・クルーゾ Le Creusot の郊外にある山上遊園地「パルク・デ・コンブ Parc des Combes」を走る600mm軌間の循環路線。1990年開業。トンネルや斜面を折り返すヘアピンが3か所あり、ミニ・マテラン鉄道の雰囲気が味わえる。SNCFル・クルーゾ・ヴィル Creusot-Ville 駅前からの連絡線「二つ谷鉄道 Train des deux vallées」は現在休止中。

30: SNCF オルロジェ(時計職人)線は、ブザンソン Besançon からル・ロックル Le Locle 手前のスイス国境まで長さ76.0kmの非電化路線の愛称。時計製造で知られた地域を貫くことからこの名があり、線路はその中心都市ラ・ショー・ド・フォン La Chaux de Fonds に続いている。車窓は出発直後に、要塞の立つドゥー川 Le Doubs の曲流谷が開け、ジュラ山地を越える間は深い樅の森が続き、その後再びドゥー川の眺めが戻ってくる。
このページの先頭へ 最初のページへ

名称 特徴 起終点 概略位置 地図 写真
31 ポンタルリエ=ヴァロルブ観光鉄道(コニフェル)
Chemin de fer touristique Pontarlier - Vallorbe (Coni'fer)
steam
1435
Hôpitaux-Neufs - Fontaine Ronde ブザンソン南東55km Google
IGN
Wmedia
32 SNCF イロンデル(燕)線
Ligne des hirondelles

1435
Andelot-en-Montagne - Morez - La Cluse ブザンソン南50km Google
IGN
route
Wmedia

31: ポンタルリエ=ヴァロルブ観光鉄道は、ディジョン Dijon とスイスのローザンヌ Lausanne を結ぶ幹線の国境越え旧線(1875年開通、1915年モン・ドールトンネル Tunnel de Mont d'Or 開通で支線化、1940年以降段階的に廃止)の一部で、1994年から蒸機保存列車を運行している。拠点はオピトー・ヌフ Hôpitaux-Neufs で、8km先まで行って折り返す。往復90分。2021年に北へ約3kmの延長を予定している。

32: SNCF イロンデル(燕)線は、ジュラ山地に分け入る非電化の山岳路線。愛称はモレ Morez 駅周辺の、燕が飛ぶ軌跡のような複雑なルートに由来する。サミットからビエンヌ Bienne 川の谷へ急降下するこの区間は、上下に重なる高架橋が印象的な好撮影地。路線は本来、南のラ・クリューズ La Cluse まで続くが、地域圏をまたぐサン・クロード Saint-Claude ~オヨナ Oyonnax 間は2017年に休止となった。
このページの先頭へ 最初のページへ

名称 特徴 起終点 概略位置 地図 写真
[1] モルレー高架橋
Viaduc de Morlaix
ブレスト東50km Google
IGN
Wmedia
[2] ショーモン高架橋
Viaduc de Chaumont
ディジョン北90km Google
IGN
Wmedia

[1]: モルレー高架橋は、パリ=ブレスト線 Ligne Paris - Brest が谷間に立地するモルレー Morlaix の市街地をまたぐ長さ292m、高さ62mの高架橋。街角から見上げると、かなりの迫力がある。

[2]: ショーモン高架橋は、パリ=ミュールーズ線 Ligne Paris - Mulhouse がショーモン Chaumont の町の西側でシュイズ Suize 川の谷を渡る長さ600m、高さ52mの堂々たる高架橋。アーチは3層構造で、1層目には歩道が通っている。
このページの先頭へ 最初のページへ

鉄道地図
・時刻表
「地図と鉄道のブログ」の以下の記事で紹介している。

フランスの鉄道地図 I-IGN刊行図
フランスの鉄道地図 II-テリトワール社
フランスの鉄道地図 III-ウェブ版
フランスの鉄道地図 IV-ウェブ版
フランスの鉄道地図 V-テリトワール社新刊
フランスの鉄道地図 VI-シュヴェーアス+ヴァル社
フランスの鉄道時刻表
参考サイト
UNECTO (Union des exploitants de chemins de fer touristiques et de musées)
https://www.unecto.fr/
観光鉄道・博物館運営者連合。加盟団体の地理的位置を表示したサイトから、各団体のサイトにリンクしている。表記は仏、英語。

Wikipédia en français - Liste des chemins de fer touristiques de France
https://fr.wikipedia.org/wiki/
Liste_des_chemins_de_fer_touristiques_de_France
ウィキペディア仏語版の「フランスの観光鉄道リスト」。同国の保存鉄道、観光鉄道が地域圏別のリストにまとめられている。

2021年2月現在
(C)2021 T. Yamashita. All rights reserved.