保存鉄道・観光鉄道リスト List of Heritage and Tourist Railways
保存鉄道、観光鉄道、山越えする普通鉄道、ユニークな鉄橋のリスト

名称:現地サイトがある場合はリンクしている
特徴steam:蒸機運行あり electrified:電化線
   rack:ラック鉄道(一部または全線) funicular:ケーブルカー
   spiral:スパイラル線あり zigzag:ジグザグ線あり(除 ラック鉄道)
  数字は軌間、単位mm
地図Google の地図は起点駅または拠点駅(太字)付近を示す。route はルート図
写真Wikimedia の該当カテゴリ、flickr の検索結果にそれぞれリンクしている

アイルランド Ireland

index map

名称 特徴 起終点/所在地 概略位置 地図 写真
1 ウォーターフォード・アンド・シュア・ヴァレー鉄道
Waterford and Suir Valley Railway
914 Kilmeadan - Bilberry ウォーターフォード西10km Google Wmedia
flickr
2 ウェスト・クレア鉄道
West Clare Railway
steam
914
Moyasta Junction リムリック西60km Google Wmedia
flickr
3 ラルティーグ・モノレール博物館
Lartigue Monorail and Museum
Listowel リムリック西南西60km Google Wmedia
flickr

1: ウォーターフォード・アンド・シュア・ヴァレー鉄道は、キルミードン Kilmeadan からウォーターフォード Waterford 西郊のビルベリー Bilberry まで長さ10km、3フィート(914mm)軌間の観光鉄道。1967年に廃止された1600mm軌間の国鉄線の廃線跡を使って2003~04年に開業した。定期運行は起点と6km地点のキャリガナー Carriganore を往復する約40分のコース。シュア川 Suir の岸辺を行く風光明媚なルートで、自転車道のウォーターフォード・グリーンウェー Waterford Greenway が並行する。

2: ウェスト・クレア鉄道は、島南西部のクレア県にある3フィート(914mm)軌間の保存鉄道。1887年に開業し、1961年に廃止された同名の狭軌鉄道の再現を目指して、1990年代に造られた。かつての分岐駅モヤスタ・ジャンクション Moyasta Junction の周辺に走行線がある。2009年には蒸機も導入したが、最近は休業状態。

3: ラルティーグ・モノレール博物館は、ラルティーグ方式で造られ、1888~1924年の間運行されたモノレール、リストール=バリーバニオン鉄道 Listowel and Ballybunion Railway を記念する施設で、レプリカ車両や資料の展示を行っている。これは、車両がA字形の架台上の1本のレールを跨いで走る跨座式の一種だが、バランス上、機関車のボイラーも客車もレールの左右に1対配置される珍しいもの。軌道の建設費は安価ながら、運用に制限が多く普及しなかった。
このページの先頭へ

鉄道地図 「地図と鉄道のブログ」の以下の記事で紹介している。

アイルランドの鉄道地図 I
アイルランドの鉄道地図 II-今昔地図帳
アイルランドの鉄道地図 III-ウェブ版

2022年2月現在
© 2022 T. Yamashita