代金を支払う 2

銀行からの送金

 郵便局からの送金ができないときは、銀行を利用します。
 銀行で送金小切手を作ってもらい自分で相手に送る方法と、銀行で口座宛送金を依頼する方法の2つがあります。

種類 内容と手順 コメント 料金
送金小切手 相手銀行名と口座番号がわからないときに利用する。

<手続>
1.銀行の外国為替窓口で相手国銀行宛の「送金小切手(Bank Draft)」を作成してもらう。
手続の際、免許証など身分証明書の提示と印鑑が必要。

2.自分で相手住所に書留航空便で郵送する。

受け取った相手はこれを銀行に持ち込み、現金化する。
送金小切手の作成は本店等に限られるので、それ以外の店で申し込むと数日待たされる。

申込・受取とつごう2回の銀行通いに加えて、郵送のために郵便局へも行く必要がある。
2500~
3000円
程度
(書留
郵便料
別途)
電信送金 相手銀行名と口座番号がわかっているときに利用できる。

<手続>
1.銀行の外国為替窓口で「電信送金(Telegraphic Transfer)」を申し込む。
手続の際、免許証など身分証明書の提示と印鑑が必要。

なお、申込書には、相手銀行での手数料(支払銀行手数料)を誰が負担するかを記入する欄があるが、これはふつう、送金する側(依頼人)が負担するもの。
上欄の手段より速く確実に送金でき、手続も1回で済むが、その代わり手数料がかさむ。
4000~
4500円
(電信料
込み)

支払銀行
手数料
2000円
程度

クレジットカードによる決済

 クレジットカードによる決済についてまとめておきます。

種類 内容と手順 コメント
クレジット 注文書にクレジット番号、有効期限を明記し、サインをして送れば、相手側で引落しの手続きをしてくれる。

相手側の注文用紙が入手できない場合、任意の様式でもほとんどの場合受け付けてくれる。
通貨換算は交換レートより少し割高になるが、面倒な送金手続が一切要らないので、非常に手軽。

相手は政府機関や実績ある商社なので、不正はまずないと考えてよいが、あくまでat your own riskである。

PayPalによる決済

 PayPalは、アメリカの会社が運営する電子マネーシステムで、PayPal内に開設した専用口座間でお金の授受を行います。専用口座を開設するには、PayPalのサイトでクレジットカード、eメール、パスワード等の情報を登録しておく必要があります。eメールアドレスが専用口座のIDとなります。口座手数料、送金手数料は無料です。
 送金するときは自分のID、パスワードと送金先のID、金額を入力します。送金金額は登録したクレジットカード口座から引落されます。

 オンラインショッピングでクレジットカード支払いをする場合、カード情報を相手方にそのつど知らせる(画面入力する)必要がありますが、PayPalを利用すると相手方にはカード情報が渡りません。また、返金もこの口座を使って容易に受け取れます。
 PayPalは欧米ではポピュラーな決済システムで、オンラインショッピングの代金決済にもよく利用されています。

PayPalの公式サイト(日本語) https://www.paypal.com/j1
PayPalの解説(個人サイト) http://signup.ezy4u.net/
前ページへ次ページへ
(C)2003 T. Yamashita. All rights reserved.

官製地図を求めて
1
各国地図事情
アジア
オセアニア
アメリカ
北ヨーロッパ
西ヨーロッパ
南ヨーロッパ
東ヨーロッパ
アフリカ

2
保存・観光鉄道リスト
オセアニア
西ヨーロッパ

3
官製地図とは?

入手先
入手方法

4
別ウィンドウが開きます