各国地図事情
スロベニア


2005年版カタログ

発行元 Geodetska uprava Republike Slovenije
(Surveying and Mapping Authority of the Republic of Slovenia)
スロベニア共和国測地局
URL 公式サイト
スロベニア共和国測地局 http://www.gu.gov.si/

スロベニア測地研究所 http://www.gis.si/
地図製作に関する情報は、英語版トップページメニューの"Fields of experse" > "Cartography"。
地図閲覧
Geopedia.si Lite http://www.geopedia.si/
スロベニア全土の1:50,000地形図(「Topo」タブを選択)や空中写真(「Ortofoto」タブを選択)が閲覧できる。説明はほとんどスロベニア語。
概要  スロベニア共和国測地局は国土の地理情報全般を扱い、地図作成を統括しているが、実際に製作編集にあたっているのは、スロベニア測地研究所 Geodetski inštitut Slovenije (Geodetic Institute of Slovenia)である。同研究所はもと国家機関であったが、1997年に民営化された。

 スロベニア測地研究所は、官製図をベースに全土をカバーする独自の1:50,000地形図を刊行しており、欧米の地図販売店で扱われている同国の1:50,000はこのシリーズである。
種類
1:500,000 (全国1面)  
Pregledne karte(概観図)と称する。図のサイズは横56.8cm×縦36.1cm。交通網が中心で、地勢表現はぼかしによる。

1:250,000 (全国1面)  
図のサイズは111.5cm×72.1cm。地勢表現は等高線による。

1:100,000 (16面)  
スロベニア測地研究所がKod&Kamブランドで出版しているもので、旧ユーゴスラヴィア時代に作成された基図を集成している。地勢表現は20m間隔の等高線による。図郭は原図から変更され、経度40'×緯度24'となっている。凡例はスロベニア語、英語併記。

1:50,000 (58面)  
測地局のシリーズは「官製地形図Državna topografska karta」と称する(Državna : National)。地勢表現は20m間隔の等高線による。

これとは別に、スロベニア測地研究所は「地形図Topografska karta」(64面)を刊行している。官製をベースにしながらも、主要道路を強調し、集落、植生、微地形を簡略化するなど、独自の編集を施したもの。図郭は経度15'×緯度15'で、旧ユーゴスラヴィア時代の図郭を踏襲している。
地勢表現は原図の等高線にぼかしを加えている。凡例はスロベニア語のみ。
この地形図を1冊にまとめた「スロベニア地図帳Atlas Slovenije」も発行されている。

1:25,000 (198面) 
「官製地形図」は表紙つきの折図。図郭は経度7'30"×緯度7'30"で、測地研究所の1:50,000図郭を4等分したもの。地勢表現は10m間隔の等高線による。凡例はスロベニア語のみ。

1:10,000、1:5,000 

価格例 1:25,000 @3.05ユーロ(1ユーロ140円として427円)
国外向けはユーロ決済
住所 Zemljemerska ulica 12
SI-1000 Ljubljana
SLOVENIA
FAX +386 1 478 48 00
E-mail pisarna.gu@gov.si

民間地図
作成機関
Planinska zveza Slovenije (Alpine Association of Slovenia)
http://www.pzs.si/
1893年設立のスロベニア山岳協会。
出版部門(PZS Publishing house)では旅行書、観光地図などを刊行している。山岳・ハイキング地図の縮尺は1:50,000または1:25,000。官製図をベースに(測地研究所の図版を用いたものもある)ハイキングルートなどを加刷している、地勢表現としてぼかしを付加する。
Kartografija
http://www.kartografija.si/
スロベニアの道路地図、旅行地図、市街図、登山地図などを多数刊行している。官製図データをベースにハイキングルートなどを加刷している、地勢表現にぼかしを付加する。
直販サイト http://trgovina.kartografija.si/
2016年10月現在 このページの先頭へ最初のページへ
(C)2016 T. Yamashita. All rights reserved.

官製地図を求めて
1
各国地図事情
アジア
オセアニア
アメリカ
北ヨーロッパ
西ヨーロッパ
南ヨーロッパ
東ヨーロッパ
アフリカ

2
保存・観光鉄道リスト
オセアニア
西ヨーロッパ

3
官製地図とは?

入手先
入手方法

4
別ウィンドウが開きます