各国地図事情
マン島(イギリス)


発行元 Department of Infrastructure Mapping Service
社会基盤省地図局
URL 公式サイト http://www.gov.im/categories/planning-and-building-control/mapping/
地図閲覧
The Charles Close Society - Modern OS Mapping On-line  http://www.charlesclosesociety.org/OSMap
OS図を研究対象とするチャールズ・クローズ協会による官製図画像の閲覧サイト。マン島 1:50,000も閲覧できる。最初に地名(Place)欄で"Douglas"などを検索するとよい。

マン島政府の基本図閲覧サイト  https://www.gov.im/maps/
スケールバーで拡大縮小が可能。中縮尺図は粗い内容だが、拡大すると基本図になり、建物番号まで表示される。地形図はない。

themap.im  http://themap.im/
OpenStreetMapを使用した地図サイト。等高線は入っていないが、市街図では主要な店、レストラン、ホテルの名までわかる。
概要  マン島はブリテン島とアイルランド島の間、アイリッシュ海に浮かぶ島で、正しくは英国(連合王国)に属さず、独自の法律と政府を持つ英国王室の属領(Crown dependency)である。
 縮尺1:50,000とそれより小縮尺図は英国陸地測量部(OS)が、縮尺1:25,000とそれより大縮尺の図はマン島政府のDepartment of Infrastructure Mapping Service(社会基盤省地図局)が作成している。
 1:50,000、1:25,000地形図は地図商、地元書店等でも扱っている。

マン島の地形図
種類
1:50,000 (全島1面)
英国OS Landranger Map 図番95。

1:25,000 (全島2面)
Outdoor Leisure Map。デジタル図化による新版が刊行されている。
地勢は10m間隔の等高線。彩色で土地利用を表す。通行権(Rights of way)とともに観光情報(記号および主な見どころの紹介文)が示される。
北半と南半の2面(いずれも両面刷り)に分かれているが、セットで販売する。折図。

1:10,000
1:1 250(主要市街)および1:2 500(それ以外の地域)からの編集図で全島を覆う。 
価格例 1:25,000(セット) @7.00ポンド(1ポンド200円として1,400円)
住所 Department of Infrastructure
Murray House
Mount Havelock
Douglas, Isle of Man IM1 2SF
UNITED KINGDOM
E-mail mapping@gov.im
発注 Online イギリスのOrdnance Surveyのオンラインショップ
https://www.ordnancesurvey.co.uk/shop/
など
2015年8月現在 このページの先頭へ最初のページへ
(C)2015 T. Yamashita. All rights reserved.

官製地図を求めて
1
各国地図事情
アジア
オセアニア
アメリカ
北ヨーロッパ
西ヨーロッパ
南ヨーロッパ
東ヨーロッパ
アフリカ

2
保存・観光鉄道リスト
オセアニア
西ヨーロッパ

3
官製地図とは?

入手先
入手方法

4
別ウィンドウが開きます