各国地図事情
マカオ



発行元 地圖繪製暨地籍局
Direcção dos Serviços de Cartografia e Cadastro (DSCC)
(Cartography and Cadastre Bureau)
URL 公式サイト http://www.dscc.gov.mo/

中国語、ポルトガル語、英語版がある。
英語版の場合、地形図リストは、トップページ > Services and Cost > Providing topography map
地図閲覧
澳門網上地圖 / Mapa on-line de Macau  http://webmap.gis.gov.mo/  
地圖繪製暨地籍局が提供する電子地図(ベクトルマップ)。中国語、ポルトガル語、英語版がある。拡大すると1軒単位に地番まで表示される。
概要  ポルトガルの植民地だったマカオは、中国に返還されて「澳門特別行政区」となったが、香港と同様、地形図は国外からでも入手できる。

 地図データはデジタル化されており、紙地図もデジタルプリンタで出力されたものである。凡例、図上の注記は公用語である中国語(繁体字)とポルトガル語を併記している。
種類
1:45,000 (1面)  
「澳門特別行政區與周邊地區地圖Mapa da Região Administrativa Especial de Macau e das Regiões Adjacentes」
マカオDSCCと広東省の合同製作による広域地図。マカオ特別行政区に隣接する珠海市、中山市(南部)を含む。マカオは20m間隔、本土は50m間隔の等高線が入り、繊細なぼかし(陰影)も加えられている。平図で提供(以下も同じ)。

1:20,000 (1面)  
特別行政区をA1判1面でカバーする。地勢表現は20m間隔の等高線と段彩による。注記は大通りや主要施設などにとどめられている。発注時にカラー版とモノクロ版の選択が可能。

1:10,000 (3面)  
澳門(マカオ)半島、氹仔(タイパ)島、路環(コロアネ)島の3面に分かれる。用紙はA2判。地勢表現は10m間隔の等高線による。街路はほぼすべて描かれるが、注記は相変わらず少ない。発注時にカラー版とモノクロ版の選択が可能。

1:5,000 (3面)  
1:10,000と同様の仕様。用紙はA0判になる。

1:2,000 (63面予定)  
モノクロのみ。

1:1,000 (192面予定)  
1:2,000を4等分した図郭。モノクロのみ。

マカオの地形図
価格例 1:20,000(カラー) @250パタカ(1パタカ11円として2750円)
1:20,000(モノクロ) @90パタカ(990円)
住所 Direcção dos Serviços de Cartografia e Cadastro
Estrada D. Maria II, Nos 32-36, Edificio CEM, 5th floor
Macao SAR
(Postal adress : Cx. P. 3018, Macao SAR)

澳門馬交石炮台馬路三十二至三十六電力公司大樓五字樓
地圖繪製暨地籍局
(郵便住所:澳門 郵政信箱3018號)
FAX +853 2834 0046
E-mail mail@dscc.gov.mo
発注 Online https://eservice.dscc.gov.mo/

2010年にオンラインショップが開設された(クレジットカード決済可能)。操作画面は中国語、ポルトガル語、英語版がある。
2010年10月現在 このページの先頭へ最初のページへ
(C)2010 T. Yamashita. All rights reserved.

官製地図を求めて
1
各国地図事情
アジア
オセアニア
アメリカ
北ヨーロッパ
西ヨーロッパ
南ヨーロッパ
東ヨーロッパ
アフリカ

2
保存・観光鉄道リスト
オセアニア
西ヨーロッパ

3
官製地図とは?

入手先
入手方法

4
別ウィンドウが開きます