各国地図事情
ヴィクトリア州

2000年版索引図

発行元 Department of Environment, Land, Water and Planning (DELWP)
環境・土地・水・計画省
URL 公式サイト http://www.depi.vic.gov.au/
地図閲覧
MapshareVic
https://mapshare.vic.gov.au/mapsharevic/
Vicmapの地図閲覧サイト。
Basemapの選択(地図画面左下)を Mapscape Colour にすると等高線図になる。
概要  愛称は Vicmap。1:50,000でビクトリア州全土をカバーしており、主要地域では1:25,000も整備されている。旧図郭、旧座標系に基づく図も多数残っており、体系整備はまだ過渡期の状態である。
 印刷は近年カラープリンタに移行している。また、標準図郭および自由図郭によるPDFファイルのダウンロードサービスも実施されている。

オーストラリアの地形図-ビクトリア州
種類
1:100,000 
連邦の1:100,000が更新停止となったことを受けて刊行され始めた州独自のシリーズ。図郭は、連邦図のそれを横2面接続した経度1度、緯度30分(ダブルフォーマット)。
地勢表現は、地勢に応じて50~100mの等高線と、ぼかし(陰影)による。等高線間隔は粗く、ぼかしによる強調でそれを補っている。

1:50,000 
州全域をカバーする最大縮尺の地形図。図郭は経度30分、緯度15分のダブルフォーマット。それとは別に、国立・州立公園などで標準図郭に捉われずに自由に図郭を設定した「特別図 Special」もある。
地勢表現は地勢に応じて10~20m間隔の等高線による。最近の刊行図はカラープリンタ印刷に移行している。

1:25,000
かつては経度7分30秒、緯度7分30秒の縦長判(シングルフォーマット)だったが、これを横2面接続した経度15分、緯度7分30秒の図郭(ダブルフォーマット)に改められた。しかしまだ旧仕様も残っている。北西部の平原や東部の山岳地帯では刊行されていない。
地勢表現は10m間隔の等高線で、地籍界も記載されている。

 これらとは別に、汎用のA判プリンタに対応するサイズに調整されたオンデマンド出力のサービスがある。標準図郭と任意の図郭を選択できる。カラープリンタ印刷のほか、PDFファイルのダウンロードも可能。
価格例 1:25,000 @12.00オーストラリアドル(1ドル85円として1020円)
発注 地形図を取扱う地図商については、オーストラリアの項参照
2017年5月現在 このページの先頭へ最初のページへ
© 2017 T. Yamashita

官製地図を求めて
1
各国地図事情
アジア
オセアニア
アメリカ
北ヨーロッパ
西ヨーロッパ
南ヨーロッパ
東ヨーロッパ
アフリカ

2
保存・観光鉄道リスト
オセアニア
西ヨーロッパ

3
官製地図とは?

入手先
入手方法

4
別ウィンドウが開きます